『THQ Nordic 10th Anniversary ショーケース』から気になるタイトルをチェック

先日9月18日にTHQ Nordic 10周年を記念したショーケースが実施されいくつかの新作タイトルが紹介されました。その中から個人的にぜひともプレイしたいタイトル3つをチェックしてみた。
ELEX Ⅱ
かつて大変楽しませて頂いたPiranha BytesのアクションRPG『ELEX』の続編。
6月に正式発表されて以降redditでちょくちょくコンセプトアートがお披露目されてるんですよね。楽しみに拝見してます。
今回のショーケースで公開されたストーリートレー…

『三体Ⅱ黒暗森林 上・下』感想。これは激アツですわ

ハードSF小説『三体Ⅱ 黒暗森林 上・下』を読み終えての感想。
ネタバレを含むのでご注意を。
いやー第二部も第一部同様めちゃくちゃ面白かった。スケールはさらに盛り盛りだし、キャラクター達は皆魅力的だし、絶望とミステリーと興奮が入り交じるストーリーには頭がクラックラしちゃいました。(良い意味で)
そんな三体Ⅱの激アツな展開と感想を整理も兼ねて書き出してみた。
決戦は400年後
地球人類を滅ぼすため宇宙の遠く彼方からやってくる三体星人の艦隊。そいつらが…

Googleのロゴからプレイできるゲームがまさかのハイクオリティ

Googleのトップページのロゴから突然ゲームがプレイできるようになった。まぁロゴいじりはいつも突然だけど。
どうやらオリンピックをテーマにしたゲームのよう。その名も『 Doodle Champion Island Games 』。開催地日本を意識したであろう和風の世界を舞台に、猫忍者ラッキーを操作し様々な競技にチャレンジする構成になってる。そのクオリティがおまけゲームにしてはやたら高かった。
まずロゴをクリックするとオープニングムービーが始まるという気合の入れよう。 …

ハードSF小説『三体』1巻読み終えて

ネタバレ無し! 最近『三体』に手を伸ばし1巻を読み終えた。中国発のSF小説であり、この作品で著者 劉慈欣はアジア人として初めてヒューゴー賞を受賞した。
やはり実績に違わぬ面白さで予想以上にのめり込んだ。SFという性質上、宇宙物理学を始めとする様々な理論が飛び交うがそれらを飲み込みやすい喩えやビジョンでフォローしてくれるので非常に読みやすく(それでも私の頭ではフワッとした感じでしか理解できないが)、右往左往する時系列に合わせてピースが次々はまっていく様はとてもドラマチックだった。 …

キングダムズオブアマラーの珍構造なワールドマップについて

キングダムズオブアマラーのオープンワールドは珍しい構造をしている。
私がプレイしていてとくに気になったのは2点。
①フルオープンではなく、多数のエリアを壁(断崖や森)で囲い、そのエリア同士を回廊で繋ぐという構造になっている。
②西から東へと動線が引かれている。
「何でこんな構造になっているんだ?オープンワールドなら普通スタート地点から好きな方向に行けるよな?」と不思議に思っていたんだけど、ある日ふと、ハッ…!となっちゃった。
①について

個人的に気になる2021~2022リリース予定タイトル

Mechajammer
CopperDreamsというタイトルで発表されていたが昨年Mechajammerに変更。
ターンベースとのことだが、最新の動画を見る限りどこらへんがターンベースなのかよくわからん。
分隊ベースの”オンザフライ戦闘”と説明されており、それが何を指すオンザフライなのか。謎は深まる。
とりあえずなんか良さげだ。ビークル乗れるのもいいね。
Songs of Conquest
Coffe Stain Studiosが開発中…

コミック『Cyberpunk 2077: Trauma Team』読了

サイバーパンク2077のコミカライズ作品『Cyberpunk 2077: Trauma Team』全巻(#1~4)を読み終えた。
ネタバレに関しては導入部のみの紹介となっております。 ↓
現時点(2020/12月)で日本語版は出ておらず、英語版を読み終えた形となる。セリフはスラングが若干使われてるものの、とくに難解な言い回しは無く理解しやすかった。
ストーリーの導入をざっと紹介。
トラウマチームの隊員である主人公ナディアは、とある戦闘の末、自分以外のチームメ…

GOGウィンターセール2020の戦利品を見ていく

今年のGOGウィンターセールで買ったものを見ていこう。
2021年はストラテジー系を中心にプレイしていこうと考えているので、それ系で気になったものをチョイスしていった。
1. Kenshi
ずっとやりたくて、でもずっと手を付けていなかった。ハマるのが怖くて。でも2021年は勇気出す。40%オフで購入。
2. Conquest of the New world
96年製のターンベースもの。16世紀の5つのヨーロッパ諸国から1つ選択し、生成された新世界…

なぜ今ドイツで多くのJRPGが作られるのか?

興味深い記事がGOG.comに掲載されていた。
記事のタイトルは『 Why are so many great JRPGs being created in Germany? (何でドイツでこんなにも多くの素晴らしいJRPGが作られてるのか?) 』
うん?ドイツでJRPGが多く手がけられているの?
どういうことか読み進めてみよう。
ちなみにこの記事はドイツのパブリッシャーDECK13 Interactiveのプロダクトマネージャー Michael Hoss 氏による ゲスト投…

Xbox Game Passに加入してみた

日本時間4月14日に始まったマイクロソフトのイケてるサブスクサービス「Xbox Game Pass」に加入してみた。日本サービスずっと待ってたんだからね!概要ホームページはこちら から。
Youtube: PC向けプランは月額425円 、Xboxコンソール向けプランは月額850円 となっている。どちらも100以上ものタイトルがラインナップされており、日本での価格は世界最安値みたい。どうしたMS。
そしてPC、コンソールの両プランを合わせ、さらにXbox Live Gold(月額824円相当)…

コミュニティウィッシュリスト「GOG日本語追加」はどうなった?

“GOGのコミュニティウィッシュリスト200万の願いが叶った”ことをお祝いして「Games Come True」セールが開催中ですよ、という記事を書いていて思い出したのですが、私が以前コミュニティウィッシュリストに投稿した”GOG.comウェブサイトの日本語追加”ってそういえばどうなったんだろう? ちょっくら確認してみました。
“GOG.comウェブサイトの日本語追加”の要望を提出したいきさつはこちら を参照。
その前に、コミュニティウィッシュリスト の現状を見てみます。(2019…

そういえばあの早期アクセス作品どうなった?2018

年末になったらやろうと思ってた企画。個人的に気になってたIn Development(早期アクセス中)作品の今年の進捗具合を調査してみました。
CrossCode (2015年開始)
Youtube: SFC時代の作品を彷彿とさせる高評価2DアクションRPG。GOG版、Steam版ともに9月に早期アクセスを終了させ、晴れて正式リリースとなりました。私も所持はしているんですが、一度もプレイしていないので2019年のどこかのタイミングでぜひともプレイしたい。日本語対応。定価$19.99。…

ドラマ版 ウォーキング・デッド S9 第5話を見た (ネタバレ注意)

ドラマ版のウォーキングデッド、シーズン9の第5話(字幕版)を視聴いたしました。この記事作成時点では最新話となります。以下ネタバレ満載なので未視聴の方でネタバレを避けたい方はこれ以上読み進めるのはお控えください。また原作の内容にも軽く触れています。
Youtube: このエピソード、放映前からずーっと気になっていました。気になりすぎて毎日ウォーキングデッドのことを考えちゃうほどでした。何が気になるって、このシーズン9第5話はリック登場の最終回なんですよ!!前々からリック役を務めるアンドリュー・リンカ…

超絶進化を遂げて帰ってくる「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」の要素を動画でチェック

ここ最近リマスター版の「The Bard’s Tale Trilogy」を暇を見つけてはちょこちょこプレイしています。ダンジョンクローラーっていつやっても適度な緊張感を味わえる普遍的な魅力を持っていますよね。オリジナルは30年も前の作品ですが、当時の輝きは今もなお失われていないようです。
その輝きをさらに増したであろうシリーズ最新作「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」がいよいよ今月リリースされます。開発元の inXile Entertainment が公式動画で本作の様…

日本が誇る地下ダンジョン!?『大谷資料館』に潜ってみた

7月某日、栃木県は宇都宮市にある『大谷資料館』という所に行ってまいりましたのでご紹介します。とても幻想的で、唯一無二の体験ができるおすすめスポットです。
大谷石の採石場跡
大谷資料館は宇都宮の大谷町で採れる名産品、大谷石の採石場跡地になります。それを一般公開しているわけです。地下に広がる採石場では驚きの光景が待っています。入場料は大人800円、子供400円とリーズナブル。未就学児は無料。
体験記
近くの駐車場(無料!)に停めて徒歩で歩いていくわけですが、大谷資料館に近づく…

GOG.comを強化するユーザースクリプト「Barefoot Essentials」

以前GOG Databaseへのリンクを追加するユーザースクリプトをご紹介しましたが、今回はGOG.comウェブサイトにいくつかの機能を追加するユーザースクリプト「Barefoot Essentials」についてご紹介させていただきます。
導入方法 まず導入方法ですが、お使いのブラウザにBarefoot Essentialsをインストールするだけです。
Google Chromeの場合
こちらのchromeウェブストアページ からインストールするだけ。
Firef…

Mod DB クリエイター陣が提供する開発者向けMods API「mod.io」

Mod関連やインディーゲームなどを包括するウェブサイト「Mod DB 」のクリエイター陣が新たなMODサポートの形、「mod.io 」を提供しています。
公式サイトや紹介ブログ にいろいろと記載されていた概要について少しばかり調べてみました。
mod.ioはゲーム開発者がModコミュニティをコントロールできるようにする”オープンクロスプラットフォームMods API”と謳われています。まずはゲーム開発者目線で触れてみます。
mod.ioではすべてのストアとプラットフォーム(Steam…