「Destroy All Humans!」帝国の野望 #6

前回からの続き。

 

👽ミッション13 ミュータント・メナス

回収したデータテープから新事実が判明。なんとマジェスティックはフロンのDNAを人間に混入させ、サイキック能力を操るミュータントの開発に成功していた。

まずは前回136が保管されていた研究所へと潜入、エレベーターで地下へ降りる。
そこではミュータントの実験が行われていた。妖怪人間と化したミュータントを倒し施設内の機器も破壊していく。
人間になれるといいね…。

ミュータントはフロンのDNAを取り入れただけのことはあって、ビームや衝撃波など人外な特殊攻撃をしてくる。だが装甲に関しては従来の人間と変わらないのでそこまで苦戦するような相手ではない。

地上へ戻ったら防衛力を無力化させるためテスラコイルコンソールを壊して回る。あとは円盤で思いっきり暴れ回るだけ。

 

👽ミッション13.5 ウロング・スタッフ

エリア42の空軍基地へ潜入。士官たちをスキャンしていく。
士官たちは一般兵と出で立ちが違うのですぐ判別できる。

指定の屋上で空軍のヒッグス将軍と黒服の打ち合わせを偵察。
ヒッグスと犬猿の仲であるアームキスト将軍が新型戦闘機「X-13」の試験飛行の視察に来るそうだ。

X-13プロジェクトに破壊工作を仕掛ける。まずはプロジェクトに関わる科学者を殺害していく。サブ目標を狙うと事故死に偽装できて愉快。

次に足止めのためセントラルプラザへ移動し軍の装備を破壊する。車などを壊していけばいい。

最後にX-13の格納庫の屋上ハッチから内部に侵入し作業員、機器をめちゃくちゃにし、X-13の機体に「細工」をすればミッションクリア。

X-13とはフロンの技術を使い作られたアメリカ製円盤だった。

 

👽ミッション14 ダック&カバー!

ヒッグスはアームキストにX-13をお披露目するものの、クリプトが仕掛けた細工によってX-13試験飛行は失敗、ヒッグスは大恥をかく。

クリプトは空軍がX-13のメンテをしている隙に試験中の核爆弾を盗み出し、それを使い基地を破壊することに。

試験場へ到着したら核爆弾を搭載したトラックのドライバーにインプラントコマンドをかけ、基地まで運転させる。その間トラックを壊されないよう護送していく。

道中は敵兵の他、爆発牛や地雷などが設置されており初見で切り抜けるのはなかなか難しい。トラックは岩や箱などで進路を塞ぐと停車するので、先に行かれたくない時は塞ぐようにしたほうがいい。
何ヶ所かチェックポイントが入るのでトライ&エラーは容易だが、トラックの耐久値がそのまま記録されるので場合によっては詰む可能性がある。その時は諦めてミッションの最初からやり直しかな?

爆弾を基地まで運び終えると3分30秒の防衛タイムが始まる。敵兵はもちろんの事、科学者も総出で起爆の解除をしようとしてくる。
科学者はマップに赤点で表示されないので注意。敵兵の処理に夢中になっているとついつい存在を忘れがち。
科学者はだいたい決まった位置 (格納庫の中) から3人編成で出現するため、出現場所さえ注視しておけば滞りなく進められる。

残り45秒になったら急いで円盤まで戻り退避する。起爆した核爆弾によって基地が爆発に飲み込まれる。

 

👽ミッション15 素晴らしき哉、アルマゲドン

にしてもいろんな4~50年代ネタや映画のオマージュが散りばめられているなぁ(笑)

今回のミッションはサンタ・モデスタで建築物の構造強度のデータ収集のためドローンを使ったスキャンを実施する。

指定の位置へ移動→ドローンがスキャンを終えるまで護衛→次の地点へ
を繰り返す。

地上でのスキャンが終わったら円盤に乗り暴れ回る。新武装「量子デコンストラクター」アンロック。

  • 【量子デコンストラクター】破壊力、範囲ともに抜群だが弾持ちが悪い。トランスモグで補充できるもののコスパに難ありか。

破壊の限りを尽くしたらミッションクリア。

「Destroy All Humans!」帝国の野望 #7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。