『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』プレイログ#10

※ネタバレ注意

今回は風の神殿攻略がメイン。

今回クリアした祠

  • 【マヤウシユの祠】テトリミノをハメていきーの
  • 【オロチウムの祠】センサーやトーレルーフをいろいろ使って楽しい
  • 【カダウナリの祠】マグマを水で冷やして足場を作る
  • 【ジルタグマチの祠】飛行機でぴゅーん
  • 【モグワカの祠】水力を利用しバッテリーに充電する
  • 【オロムワカの祠】ロケットでバシュー
  • 【アポゲケの祠】飛行機でぴゅーん
  • 【ヨミズキの祠】ラウルの祝福
  • 【ジョゴウの祠】ラウルの祝福
  • 【オオギンの祠】ラウルの祝福

今回解放した鳥望台

  • 【オルディン峡谷の鳥望台】てっぺんから侵入するだけ
  • 【ゾラ台地の鳥望台】ヘドロを水で除去

地上絵調査を続けるインパを追ってタバンタ辺境「忘れ去られた神殿」に来ました。奥で各地の地上絵を配した世界地図を発見。龍の泪探すときはこれを参考にしましょ。

「双子馬宿」ではイーガ団によるゼルダ誘拐事件が発生。目的地へ行くとゼルダの正体は変装したイーガ団員で、リンクをハメるための罠だったと発覚。行く前から分かってたけどね。

魔物に囲まれ空き家で籠城中だった旅人2人を救出。ヘブラ山に伝説の盾サーファーがいるという話を聞かせてもらいました。そのうち探してみよ。

盾サーフィンにはプロの世界があるらしい…

プレイログ#7で寒さ対策が不十分だった為引き返す羽目になったリトの村上空の攻略にリトライ。全身リト族装備に着替え準備万端。

舟の帆をぴょんぴょんしていき、嵐の中心部に到着。嵐の内部には風の神殿ーリト族に伝承されてたアマノトリフネが浮遊していました。

風の神殿を正常化させるべく、神殿内のタービン5カ所をチューリの風の力で稼働させていきます。いろんな角度から各部屋の入り口を探すことになりますが、一つの構造体をあの手この手でぐるぐる探索するのはなかなか楽しめました。デカい祠で遊んでる印象です。

風の神殿をフル稼働させるとボス戦に突入!吹雪の元凶フリザゲイラと対峙。

しかしこいつが弱かった…。胴体にはこれ以上ないほど強調された弱点が。そこを砕くだけの簡単なお仕事でした。風力とパラセールを利用し効果的な位置から弓を射ってればそう被弾することもないでしょう。初見で一発被弾しただけで倒せちゃったもんでなんだか拍子抜け…。

え…よわ…

フリザゲイラを倒すと光る勾玉が出現。チューリがそれに触れると、チューリの大昔の祖先が脳内アクセスしてきました。

チューリの祖先から語られたのはかつてあった「封印戦争」の一端。初代ハイラル国王ラウルを筆頭とする6人の戦士VSガノンドロフという構図の戦いです。6人の戦士たちはそれぞれ力を倍加させる秘石、つまりこれまでちょくちょく登場してきた勾玉を身に付けて戦っていたようです。

秘石とともに風の賢者の力を受け継いだチューリはリンクと共に戦う役目を祖先から与えられました。父ちゃんの弓も譲り受けたチューリは晴れて一人前のリト族戦士になったのでした。

以降はチューリとの盟約の証をアイテムとして使うことでチューリの分身体をいつでも召喚できるように。本人が同行するんじゃなくて分身とは…斜め上を来たな(笑)

~つづく~