Outward プレイログ #3

前回からの続き。

「交わり山」に来た。遠くからでもよく見える大きな山なので道に迷ったときの目印にちょうどいいな。なんでもここで”マナの開放”を行えば魔法が使えるようになるとか。レッツ登山!

一帯がとにかく紫。アントシアニンの含有量がすごいですよこれは。

山賊を蹴散らしながら山頂に到達。「不思議な錆びた剣」という武器を手に入れた。これ絶対あとで真の力に目覚めるタイプのやつなので大事に取っておく。

山頂で岩に擬態したカマキリ型モンスターと遭遇。このカマキリを山賊たちの近くまで誘導したら案の定戦闘を始めた。こちらは影に隠れお互いが弱るまで息を潜める。これも作戦よ。

生き残ったカマキリを仕留め「英雄王国の交わりの通り」というダンジョンに入ってみた。この先に進めばマナの開放ができるのか?

いきなり氷の魔女とかいうやつとエンカウント。完全に味方NPCだと思った俺のバカ。瞬殺され屋外で目覚める。

氷の魔女の魔法の威力ハンパなかったな。もう少し強化を図ってからリベンジじゃ。

というわけで北方のモントカーム部族の要塞というところまで来た。ここにいる奴らはおそらく敵対的だろう。要塞の外にはいくつもの吊るし首がある。こりゃ警告ってやつですな。

要塞内をスニークでうろうろ。歩哨が個々で散開してるため戦いやすそう。弓矢でチクチク射ってからハルバードでトドメを刺すスタイルで難なく攻略完了。

戦利品をゲットし装備を一新。

シエルツォで荷物整理し海岸へ出かける。アンモライトの鎧のクラフトの材料となるアンモライト鉱石を採掘するためだ。

海岸で発見したいつぞやのエビ野郎に復讐。倒したらシャコだと判明。ところでアンモライトの鎧のもうひとつの材料、パラジウムの欠片はどこで手に入るんだろう?

その後「英雄王国の交わりの通り」に再挑戦。氷の魔女をなんとか撃破し奥に進む。

エレベーターで上に行ったり下に行ったりめちゃくちゃ迷う。レバーでエレベーターの配置を調整する必要があるみたいだが…。そんなんしてる間に毒吐きトログロダイトから毒をもらい死亡。毒消し全部自宅に置いてきちゃった俺のバカ。

目覚めるとイマキュレートという喋るモンスター?に助けていただいてた模様。アイテムまでくれる謎の人外紳士。惚れてまうやろ。

しかしOutward、体力がゼロになってもその場で死ぬわけではなく、「誰かが救助してくれた」という理由のもとランダム地点で復活するの面白いな。案外見落としがちな設定だけどここにも製作者のリアル志向のこだわりが見られる。命を落としたのに物語が続くなんてことはありえないのだろう。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。