GOGJ

古今東西のゲームに興じるブログ

『SpellForce 3 Reforced』 プレイログ#6

『SpellForce 3 Reforced』 プレイログ#6

ファンタジーなRPG+RTSゲーム『SpellForce 3 Reforced』をプレイ中。

※ネタバレ注意

ワールドマップが解放され、目的地を選択できるようになった。とりあえずファーローンズ・ホープのクララ村長の元へ戻る。

ちなみにファーローンズ・ホープの周辺ではミニイベントに遭遇したり、Amethyst Cave(アメジスト洞窟)という小ダンジョンが隠されてる。探索が楽しい。

ならず者の集団もいるよ

村の周囲では異変が起きてた。あちこちに散開する王国軍の部隊がファーローンズ・ホープの民兵を捕縛してるじゃないの。

探りを入れてみたところ、ファーローンズ・ホープの出入り口は王国軍によって封鎖中。事情は知らんがここの民兵達とはもはや戦友。助けないという道はないぜ!

王国軍の部隊を潰していき、民兵らを開放していく。王国軍のキャンプで囚われてたクララ村長も救出。騒動の理由を教えてもらう。

  • タハールの行方を捜すノリア将軍が王国軍を引き連れファーローンズ・ホープへやってきた
  • ノリアは「行方を言わなければ殺す」と脅し拘束と封鎖を強行。その後どこかへ移動した
  • クララは以前から中立都市国家「エヴァーライト」へ村ごと移住する計画を立ててた。この機会にそれを実行に移す
  • その護衛をタハールに頼むつもりだった。その代わりエヴァーライトに着いたらブラッドバーン調査に役立つ人物に引き合わすと約束

あっ、サーセン、自分のせいでした…。

ファーローンズ・ホープに軟禁されてる村民達を救出するため、民兵隊と共に王国軍に突撃。1人残らず始末!

村民を全員脱出させたらいよいよ移住開始。移民キャラバン編スタート。

マップの端に辿り着くまでキャラバンを護衛する。所々で王国兵が待ち伏せしてるので気を抜かないこと。クララを失うか村民数20人を下回るとクエスト失敗になるので注意。

わっさわさのぐっちゃぐちゃ

村民は敵兵との距離が近いと戦闘に参加してしまうので、なるべくタハール達を先頭に置いて村民を巻き込まないように処理した方が良い。

次のマップ、エヴァーライトへの中継地「Iskander Wilds(イスカンダーの原野)」へ到着。

  • この地はかつてイサモ・タハールの根城だった。(プロローグ冒頭と同じマップ)
  • この地を治めてたイスカンダー家はメイジ・ウォー時、イサモと同盟を結んでた
  • 現在はイスカンダー軍の残党が抵抗を続けてる

クララが2つの理由によりキャラバンの移動を止めた。

  • 村民の一人が病気を発症。治療薬が欲しい
  • 進路の安全を確保したい。王国兵とイスカンダー兵の戦に巻き込まれてしまう危険性

キャラバンを再出発させるため広大な原野を探索してると、難民の治療を行うピュリティのキャンプを発見。そこでまさかのアイツと再会。

バートランドー!無事だったのねー!

ロンダーの手により救出、というか見事なまでに教化され、身も心もすっかりピュリティ信者になってたバートランド。あの汗臭そうなおっさんは清潔なおっさんへと転職してたのだ。その様子に引き気味のタハールさんw 聖人と化したバートランドから治療薬をタダで貰う。

その後バートランドから貰った治療薬を確認したところ、中からメモが出てきた。バートランドがこっそり話したいことがあるらしい。

人気がないところでバートランドと落ち合う。バートランドはタハール達のキャラバンをノリアが待ち伏せしてることを伝えてくれた。

そんな中、突然ノリアが部隊を引き連れ姿を現す。その場にいた全員お縄になってしまう。

するとそこへ、イスカンダー残党軍がノリア部隊に奇襲をかけてきた。たまらず撤退するノリア。

イスカンダー残党軍の砦で司令官シオンと面会し、王国軍との戦に協力することに。どっちみちこの戦を何とかしないとキャラバンの移動ができない。ここからRTSパート。

今回のマップはかなり広い。初期地点以外のセクター数は18。多方面侵攻&防衛を意識しないといけないね。これは骨が折れそうだ。

まずは自軍本陣の周辺セクターを盤石にして防衛に専念させる。同時に主力部隊を東から迂回させセクターを奪っていくことにした。

これまでのRTSパートを経験してきて敵のパターンが少しわかってきた。

  • 基本的に小~中規模の部隊で波状攻撃をしかけてくる
  • こちらの防御が厚いと撤退しがち?
  • 建物が被害を受けると全力で修理に来る

焦らず着実に拠点構築していくのが一番の近道かもしれないけど、難易度(現在はノーマル)や今後登場する攻城兵器の存在で攻略法は変わってくるだろう。オークやエルフといった勢力ごとの特性もあるようなので、常に臨機応変にいくしかない。今のところはノーマル難易度だとちょいムズといった印象。

迂回させた主力部隊が着実にセクターを潰していき、キャラバンが待機する南東エリアからエヴァーライト国境までのルート確保に成功。キャラバンの移動が再開される。

キャラバンの移動が完了すると、その後を追う王国軍の追撃が始まるので殿を死守する。全5ウェーブ凌げば成功だが、敵兵10人の通過を許してしまうとクエスト失敗となる。

追撃を凌いだら戦を継続するか、戦線離脱しエヴァーライトへ向かうか選ぶ。

イスカンダー軍に協力して最後まで付き合ってあげたいところだけど、敵本陣の要塞がかなり厳ついことになってて攻めあぐねてる状況だったため先を急ぐことにした。ごめんちょw

シナリオに影響出たりするのかな?

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。