Colony Ship プレイログ #1

SF RPG『Colony Ship: A Post-Earth Role Playing Game』をプレイするぞ。

開発元Iron Tower Studioの過去作『Dungeon Rats』や『The Age of Decadence』を見るとどうも似たようなスタイルがお好きなようです。いずれも内容は存じ上げませんが、その手のノウハウの蓄積という点から見てもColony Ship期待できるんじゃないでしょうか。まだ早期アクセス中だけどね。

ゲームスタートするといきなりキャラクター作成画面からスタート。キャラ作成後に世界観の紹介などが始まるわけだが、順番逆が良いんじゃない?と私は思う。

さて、キャラクターに関する項目は多岐にわたる。ここは一度日本語で噛み砕いておきたい、ということで日本語化した一覧表を作ってみた。参考にしたい方はよかったらどうぞ。

戦闘型、ステルス型、交渉型…どのアプローチでいこうか。Colony Shipは先人達が築いた洋RPGの伝統を継いだ作品と見受けられるが、そういったものはとくに戦闘が難しい印象がある。

あくまでも予想でしかないが、となるとステルスか交渉の方が有利に働くか?いやいや戦闘が難しいのであればなおさら戦闘に特化させた方がよろしいか?

いくら考えても答えに辿り着きようがない。答えがあるもんでもないし、ましてや初見なんだから。そんなときは…

そうだよ、暴力は全てを解決する。シンプルかつソリッドでユニバーサルなトゥルースを体現したかのようなキャラクターにしよう。イメージはビスケット・オリバで。

というわけで次回、暴力の化身爆誕の巻。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。