GOG Galaxy 2.0の使い方まとめ

GOG.com以外のプラットフォームもひとまとめに統合できちゃうGOGの新型クライアント「Galaxy2.0」に実装されている機能や使い方をまとめました。

Galaxy2.0は現在ベータテスト中となっており、今後も新機能が追加されることが想定されます。その際は追記予定です。

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=r2Lq3I8JECY&feature=emb_logo

Galaxy2.0の概要はこちらの記事を参照ください。

プラットフォームの垣根を越えライブラリとフレンドリストを統合する GOG GALAXY 2.0 がアナウンス

基本的な機能などは従来のGalaxyと同様の部分もあるので、参考までに従来型Galaxyの機能まとめ記事も掲載しておきます。

GOG Galaxyの機能まとめ

❏まずはインストール

2019年12月10日に招待者を対象としていたクローズドベータテストを終了させ、オープンベータへ移行。現在ダウンロードは誰でもできます。Galaxy紹介ページの「DAWNLOAD GOG GALAXY 2.0」と大きく表示されているボタンをクリックすればセットアップファイルをダウンロードできます。ちなみに推奨OSはWindows8以降Mac OS Xとなっているのでご注意を。

ダウンロードしたらファイルを起動。Galaxy2.0をインストールするためのセットアップが始まります。

まずはNextを選択。
次は規約文などのページ。I accept~を選択しNextへ。
Galaxyの保存先を決めNextを選択。
デスクトップにGalaxyのショートカットを配置するかどうかを決める。配置したい場合はチェックを入れる。決めたらNextを選択。
インストールが終了したらログインを求められる。GOGアカウント未作成者は下部のSign up nowを選択しアカウント作成へ。パスワードを忘れた場合はPassword resetを選択しパスワードを再設定する。
❏日本語にする

最初は英語で表示されているかと思います。Galaxyを日本語表示にするための方法。

左上歯車アイコンを選択し、表示された一覧の中からSettingsを選択。
その後Genaralを選択しLanguageの項目から日本語を選択すればGalaxyが日本語化される。

Galaxy2.0はまだベータフェーズにあるので100%日本語化されているわけではありません。一部英語で表示されている箇所は今後のアップデートで日本語化する可能性があります。

❏他社プラットフォームをGalaxy2.0に統合させる方法

GOG Galaxy2.0の最大の特徴は、他社が提供するプラットフォームをひっくるめてひとまとめに統合できるということ。ゲームライブラリやフレンド、獲得した実績やプレイ時間などのデータをGalaxy上に集約し管理することができます。そのための方法をご紹介。

まず上部+ゲーム&フレンドを追加を選択後、開いたタブの中からプラットフォーム接続を選択。左上の歯車アイコンからでも可。
設定画面が開くので左側インテグレーションという項目を選択すると、他社プラットフォーム一覧が表示される。統合させたいプラットフォームの接続するを選択。
Galaxyに統合させた場合に有効になる機能が紹介される。接続するを選択すると、そのプラットフォームのログイン画面に移る。ログインするとGalaxyとの統合完了。
接続が成功すると接続先プラットフォームデータのインポートがスタート。下部にインポートの進捗状況が表示される。100%になればインポート完了となる。

現在公式にGalaxy2.0と提携しているのはXboxアカウントのみで、それ以外のSteamやプレイステーションなどはコミュニティが制作したAPIを利用しているので(要は非公式)、コミュニティインテグレーションというものに分類されています。
【追記】2020/7/20アップデートによりEpic Games ストアが公式採用

一覧にはないプラットフォームを加えたい場合は「🔍GitHubを検索」と書かれた検索窓で検索してみてください。そのAPIをコミュニティが制作済みであれば、コミュニティインテグレーションのリストに加えることができます。

他社プラットフォームとの接続が成功すれば、ライブラリやアクティビティにそのプラットフォームのものが追加されます。以降はGalaxyライブラリから他社プラットフォームのゲームにアクセスできます。

❏ライブラリをカスタマイズ

いくつものプラットフォームを統合するとなると、人によってはライブラリ内のタイトル数がとてつもないことになります(笑)。Galaxy2.0に備わっている多様なライブラリカスタマイズを活用すれば、タイトル管理の利便性を高めることができます。

ライブラリ上部の項目からフィルタリングが可能。ジャンルプラットフォーム別の他、独自に付けたタグ評価などから選別できる。
一覧画面右クリック、もしくはタイトル概要ページから編集タブを開ける。評価は最大★5つまで独自の評価を下せる。タグは一つにつき最大40文字まで複数個作れる。メディアを選択すると、一覧に表示されるサムネイル画像や概要ページの背景画像などを差し替えることができる。
グリッドサイズ、一覧に表示するスタッツなどをカスタムすれば、情報が把握しやすくなる。
❏好きなページをブックマーク

Galaxy内で表示できるほとんどのページはブックマークに追加することができます。めちゃくちゃ便利なのでぜひ利用するといいですよ。

ページの上部左ブックマークアイコンをクリックすると、左側ブックマーク一覧に追加される。タイトルの実績ページやフレンドのプロフィール、GOGストアのウィッシュリストや製品ページをブックマークしておくと追跡がスムーズになる。

ブックマークを解除するにはブックマークアイコンを再度クリックするか、ブックマーク一覧から右クリックで削除を選択。

❏未実装の機能

アナウンスされているけどまだ未実装の機能もあります。

1つ目はクロスプラットフォームチャット。GOGユーザー同士は従来のGalaxy同様チャットが可能ですが、Galaxy2.0ではプラットフォームの垣根を越えたチャットが実装される予定。

2つ目はゲーム発見機能。これからリリース予定のゲームや、未知のゲームなどをフレンドやコミュニティからフォローできる仕組みが実装されるそう。

“GOG Galaxy 2.0の使い方まとめ” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。