ニュース

プラットフォームの垣根を越えライブラリとフレンドリストを統合する GOG GALAXY 2.0 がアナウンス

GOG.comが提供するGalaxyクライアントが2.0へ進化します。その内容がまたユーザーフレンドリーを第一とするGOGらしく、とても素晴らしい体験を提供するものとなっています。今後到来するGalaxy 2.0の内容とは?

Galaxy 2.0 の概要

以下はGOGからのアナウンス文より。

私たちゲーマーにとって重要なことが2つあります。私たちがプレイするゲームと、一緒にプレイするフレンドです。
しかし、専用ランチャーやクライアントを備えたゲームが増えるにつれ、ゲームやフレンドは散らばってしまいます。GOG GALAXY 2.0を使えば、複数のライブラリをひとつにまとめて、あらゆるゲームプラットフォームでフレンドと繋がることができます!

「ゲーマーとしては、複数のクライアントを使ってゲームにアクセスし、フレンドが何をプレイしているかを確認する必要がある。」と、GOGのマネージングディレクターであるPiotr Karwowski氏は言います。
「ゲーマーに相応しい、より良い体験を。それがGOG GALAXYクライアントを再定義する原動力となった。」とKarwowski氏は付け加えます。
「GOG GALAXY 2.0はすべてのゲーマー向けに設計されており、既存のGOG.COMユーザー間を飛び超えて、PCとコンソールプラットフォームの両方に拡張します。」

GOG GALAXY 2.0を他のプラットフォームに接続すると、すべてのゲームが一つのライブラリにインポートされます。接続されたプラットフォーム上でのフレンドの活動やオンラインステータスを見ることができます。
新しいライブラリとフレンド機能はすべてGOG.COMゲームに適用され、ゲーム体験を向上させます。
また、お客様のプライバシーを保護するように設計されています。お客様のデータはお客様のものであり、第三者と共有されることはありません。現在のゲーマーのためのオールインワンソリューションだと考えています。

これは素晴らしい!昨年GOG.comは本社でハッカソンを行っていたはずなのでその成果ということなのでしょうか。Steamに比べニッチなプラットフォームとなっていたGOGの門戸が一層開かれそうな予感がします。

さらに具体的なビジョンについてもGOGは触れています。以下はGalaxy 2.0 が正式ローンチされるときの主な特徴です。

ゲーム

  • PCとコンソールからすべてのゲームをインポートし、1つのマスターコレクションに構築して整理。プラットフォームに関係なく、所有しているPCゲームをインストールして起動。
  • 所有ゲームの実績、プレイ時間をすべて記録。
  • ゲームの背景やカバーなどの独自のビジュアルをフィルタリング、並べ替え、タグ付け、および追加して、ライブラリをカスタマイズ。
  • フレンドやコミュニティで人気のゲームを見つけたり、今後のリリース作品をフォロー。

フレンド

  • すべてのプラットフォームのフレンドを集めて、オンライン状態を確認。
  • プラットフォームに関係なく、フレンドとチャットできる。
  • フレンドのクロスプラットフォームの実績、ゲームタイムマイルストーン、最近プレイしたゲームを見ることができる。
  • 誰がマスターコレクターで、誰がコンプリート主義者で、誰が最も多くの時間をかけてプレイしているかを確認できる。

プライバシー

  • ユーザーの個人情報が第三者と共有されることはない。
  • ユーザーのコンピュータのデータをスパイすることはない。
  • ワンクリックで、インポートしたゲームやフレンドのデータをサーバーから削除できる。

GOGクライアント

  • すべての新しいライブラリ管理とフレンド機能は、あなたの体験を次のレベルに引き上げる。
  • GOGゲームを実行および更新する最適な方法。
  • クラウド保存、ゲーム内オーバーレイ、マルチプレイヤー&マッチメイキング、ロールバックなどの機能を利用できる。
  • これまで同様DRMフリーのGOGゲームをプレイする上で、クライアントは必要はない。

その他

  • オープンソースの統合により、より多くのプラットフォームを接続し、新しい機能を追加できる。
  • ライブラリに対するすべてのカスタマイズと変更はクラウドに保存され、すべてのデバイス間で同期される。
  • カスタマイズしたライブラリやお気に入りのゲームやフレンドなど、あらゆるビューを保存して、すぐにアクセスできる。

Galaxyの既存機能を下地に、外部に向けた機能を拡張させた内容となっているようですね。にしてもバージョン1.2からいきなり2.0にすっ飛ばすということはかなり自信がある表れなのでしょう。ちなみにWindowsとMac向けに提供されるようで、Linux版は相変わらず登場しないようです…。

現在Galaxy 2.0のクローズドベータ参加のためのサインアップを受け付けています。時期についてはとくにアナウンスされていませんが、ベータ開始時にお知らせが届くようです。

個人的にはSteamワークショップみたいなModサポート機能みたいなのもGOG.comでやってほしいところ。

 

参考・情報元 https://www.gog.com/news/bgog_galaxy_20b_all_your_games_and_friends_in_one_place_copy3

関連記事

  1. ニュース

    「Metal Wolf Chaos XD」日本語対応でレッツパーリー!

    開催中のE3 2018で発表された2004年リリースのメックアクション…

  2. GOG.comの使い方

    GOG.comがGalaxy起動プロセスを組み込んだ新たなwebインストーラーを導入

    GOG.comから、すべてのゲームに適用される新しいwebインストーラ…

  3. ニュース

    GOG.comがDRMフリーへの理解を深めるためのキャンペーンサイト「FCK DRM」公開

    GOG.comが"DRMフリー"への理解を深めてもらうことを目的とする…

  4. GOG.comの使い方

    GOG.comにユーザープロフィール機能実装

    先日お伝えした通りGOG.com及びGalaxyクライアントにユーザー…

  5. ニュース

    サバイバル運営シム「Frostpunk」2018年の開発ロードマップ公開

    リリースからわずか3日で25万本を売り上げる好評ぶりを見せ、現在リリー…

  6. ニュース

    惑星ゴッドゲーム「The Universim」ナゲットリーダーと法律システムとは

    新作ゴッドゲーム「The Universim」の公式サイトにて、本作に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。