SF 2Dプラットフォーマー「Orphan」10月31日リリース

テネシー州拠点のインディースタジオ Windy Hill Studio は、開発中の「Orphan」のローンチトレーラーを公開、PC版のリリース日が10月31日に決定したようです。

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=MXd6QnH_t_0

「Orphan」はメトロイドヴァニア スタイルを採用した2Dプラットフォーマーで、米国アパラチアの丘陵地帯の山々、洞窟、河川、鉄道、炭鉱、田舎道、機械的な構造体などのユニークな環境を舞台に、エイリアンの襲撃から生き延びた唯一の生存者(と思われる)である少年を操り、エイリアンのマシーン軍団と戦い、ときにはステルスで道を切り拓いていくことになります。トレーラーやスクリーンショットで描かれているヴィジュアルの第一印象は名作インディーズゲーム「LIMBO」にインスパイアされているようにも見受けられますが、LIMBOのようなパズルアクションとは違い、Orphanでは武器による戦闘、能力アップ、ボス戦などの要素が用意されており、”メトロイドヴァニア”アクションプラットフォーマーであるとされています。

中身が減っている水筒や釣竿があるので、サバイバル要素もあるのかしら

戦闘に用いる武器は人類が残したグレネードや地雷などを利用していくことになりますが、運よくエイリアンの武器を入手できれば強力な相棒として活躍してくれそうです。

Orphanを制作しているWindy Hill StudioはBrandon Goins氏1人による個人スタジオで、Orphanが処女作となるそうです。本作は2014年から開発が始まり、2015年にはKickstarterで資金調達に成功していました。パブリッシングはソフトウェア開発等を手掛けるサンフランシスコの 2Dimensions が担当しており、こちらも初のパブリッシングとなるようです。

OrphanはPC版がリリースされた後PS4、Xbox Oneでの年末頃のリリースが計画されています。PC版はGOG.com、Steamでの販売となり、概況報告書によると価格は$15。日本語サポートは現時点で無い模様です。Orphanは8月31日からシアトルで開催されるPAX WestのXboxインディーパネル内で紹介される予定なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

参考、情報元 https://www.kickstarter.com/projects/windyhillstudio/orphan/description

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。