GOG.comの使い方

GOG Galaxyの機能まとめ

GOG.comで購入した作品はDRMフリーなのでとくに制限なく遊べます。もちろんsteamのようにクライアントを起動させるといった必要はないのですが、ゲームプレイをもっと快適にできるよう様々な便利機能を備えた「GOG Galaxy」(以下Galaxy)というクライアントが用意されています。私もよく使うこのクライアントの機能や覚えておくべきポイントをご紹介いたします。

なお執筆時は2018年3月時点でGalaxy ver.1.2.38 となります。今後のアップデートで大きな変更・追加があった場合は記事にも追記していこうと思います。
【2018/4更新】Ver.1.2.41にてユーザープロフィール機能が追加。本記事「コミュニティ関連」の項に「ユーザープロフィール」追加。

覚えておくべきGalaxyの使い方

まずはGalaxyをダウンロード

GOG.comウェブサイト上部の「ABOUT」→「GOG Galaxy」→「DOWNLOAD GOG GALAXY」ボタンをクリック。

あとは案内に従いインストール先を選んだりしつつ進行しましょう。

日本語に変更可能

実はGalaxy、公式に「日本語」が用意されています。現時点では完全に日本語化されているわけではないです。

方法は「左上のGOG.comアイコン」をクリック→「Settings」→「Genaral」の一番上の項目「Language」をスクロールしていくと「日本語」があるので選択。一瞬で日本語化します。

整合性チェック

steamにもある機能ですね。ファイルが破損したりしたときに修復できる機能です。

実行方法はLIBRARY」→ゲーム選択し「その他」→「インストール管理」→「認証/修復

製品キーの有効化

GOG以外で購入したGOGキーの有効化は「左上のGOG.comアイコン」をクリック→「キーを引き換える」→「Enter your code here」の欄にコードを打ち込み「CONTINUE

オフラインモード
Galaxyはインターネット接続なしでも動作します。

ゲームデータ関連

自動アップデート

ゲームの最新版への自動更新が可能です。

左上のGOG.comアイコン」をクリック→「設定」→「機能」からON/OFF。

クラウドセーブ

セーブデータを自動でクラウド保存できます。(サポートされているゲームのみ

左上のGOG.comアイコン」をクリック→「設定」→「機能」からON/OFF。

クラウド保存しているセーブデータのダウンロードは「LIBRARY」→ゲーム選択し「その他」→「バックアップとおまけ」→「CLOUD SAVES BACKUP COPY

バックアップ

バックアップコピーがダウンロードできます。

LIBRARY」→ゲーム選択し「その他」→「バックアップとおまけ」→「ゲームバックアップのコピー

ロールバック

過去のゲームバージョンにロールバックできます。不安定なバージョンを回避したいときなどに活用できます。

LIBRARY」→ゲーム選択し「その他」→「設定」→「自動アップデート」を「OFFにすると用意されている過去のバージョンがいくつか表示されるので、希望のものにチェックを入れると更新が始まります。

インゲーム関連

実績&プレイ時間

実績解除サポートされているゲームのみとプレイ時間の統計が確認できます。

左上のGOG.comアイコン」をクリック→「設定」→「機能」からON/OFF。

オーバーレイ

「Shift」+「Tab」キーでゲーム中にオーバーレイが開きます。実績・fpsの確認やフレンド間の招待・参加、オンラインチャットが使用できます。サポートされているゲームのみ

左上のGOG.comアイコン」をクリック→「設定」→「機能」からON/OFF。

スクリーンショット

オーバーレイ機能をサポートしているゲームなら「F12」キーでスクリーンショット撮影できます。サポートされているゲームのみ

マルチプレイ&マッチメイキング

新旧問わずオンラインプレイできます。

クロスプレイ

クロスプレイが可能なゲームはGOG⇔Steam間でオンラインプレイを提供します。(サポートされているゲームのみ 

コミュニティ関連

フレンドリスト

フレンドのプレイ中のゲーム、オンライン状態、招待やチャットができます。Galaxy⇔GOGウェブサイト間でもチャットできます。

ユーザープロフィール【2018/4追加】

自分のアクティビティ(プレイ時間、解除した実績、マイルストーン、画像やコメントの投稿など)やフレンドのアクティビティを確認したり、自分のプロフィールページの壁紙や紹介文の設定が可能です。詳しくはこの記事をご覧ください。

その他

プライバシー

ユーザーの個人データの追跡・監視は一切していないそうです。

バグ報告送信は左上のGOG.comアイコン」をクリック→「設定」→「全般」→「バグを報告する」からON/OFF。

 

ピックアップ記事

  1. Brave日本語設定とBATを寄付する方法
  2. このブログがBAT支援受付に対応しました@Braveブラウザ
  3. 次世代プラットフォーム到来か?「RobotCache」アーリーアクセス体験記

関連記事

  1. GOG.comの使い方

    GOG.comにユーザープロフィール機能実装

    先日お伝えした通りGOG.com及びGalaxyクライアントにユーザー…

  2. GOG.comの使い方

    GOG.comの強力サービス「GOG Connect」

    今回はGOG.comが提供するサービス「GOG Connect」をご紹…

  3. GOG.comの使い方

    GOG.comは日本語に対応するのか?突撃してみた。

    このブログを開設しておよそ3ヵ月ほど経過しました。訪問状況を見ますと盛…

  4. GOG.comの使い方

    GOG.com最大の特徴「DRMフリー」とは?

    ※この記事は「DRM」と「DRMフリー」の対立を煽る意図は全くありませ…

  5. GOG.comの使い方

    GOG.comの「Community wishlist」でユーザーの声を届けよう

    GOG.comに設けられている「Community wishlist(…

  6. GOG.comの使い方

    GOG開拓民に送るゲーム発見システム「GOGmix」

    以前こちらの記事でも少し触れましたがGOGの商品ページの右下あたりに「…

コメント

  1. GOG Galaxy 及び GOG.com の使い方に関する記事は、さらに見やすく、わかりやすくするため現在改良中です。

  1. 2018年 10月 16日
    トラックバック:awgs Foundry
  2. 2018年 11月 19日
    トラックバック:awgs Foundry

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

  1. 雑記

    次世代プラットフォーム到来か?「RobotCache」アーリーアクセス体験記
  2. 雑記

    Brave日本語設定とBATを寄付する方法
  3. 雑記

    このブログがBAT支援受付に対応しました@Braveブラウザ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。