『Miscreated』DLC『Canyonlands』プレイログ#1

クラフトサバイバル系ゲーム『Miscreated』を数年ぶりにプレイしてみた。
いつの間にか正式リリースどころかDLCまで出てたのね。

DLC『Canyonlands』は荒野を舞台とした新マップ。せっかくならこっちをやってみよう。

Canyonlandsの公式ジャパンサーバーに入ってみた。プレイヤーは私以外にもう1人いるようだ。

何年も前に徒党を組んでプレイしてたがその頃とはいろいろ変わってると思われる。最近のアップデートではトレーダーやアウトポストが追加されたそう。まだまだ精力的に開発してるんだね。

キャニオンランド見晴らしいいなー。あたり一面荒野。建物もまばら。ってことはアイテムも必然的に少ないわけだ。スカベンジの女神が微笑んでくれることを祈ろう。

スタート直後、トラックの荷台で物色中に突然巨大ローチが出現。
ぎゃーーーーー! こんなやついたっけ!?
キャニオンランド固有のクリーチャーか?

警棒で殴りつけ勝利するも運悪く出血。バンデージの材料もなく出血死。
ちーん😂

町の近くで転生。付近の山には他プレイヤーの拠点が見える。
ここは民家が多く、見つかるものも当然多い。衣類もバッグもすんなり手に入ったが、肝心の飲食物はなかなか見つからない。サボテンの花をむしれば食えるがそれでも腹はまったく膨れない。

バギーを見つけたがタイヤが3つ外れているしオイルもない。乗りたいが諦めよう。

アメフトパッドを発見。肩にトゲ付けたいのぅ。

民家の裏庭で地下シェルターの入口を発見。シェルター内でタマ無しショットガンを拾う。探索が楽しい。

町探索もほどほどに、さっき見つけたプレイヤーの拠点の見学に向かう。道中、サソリや自爆するタランチュラに襲われた。こっわ。なんかフォールアウトみたい。

おーなかなか立派な拠点ね。中の様子は分からないがこの感じだとお宝しこたま集めてるんだろうなぁ。

山を降りる途中、ヤギを1匹狩りヤギ肉ゲット。このまま食うとお腹壊す可能性があるのでキャンプファイアを準備せな。

だがその前に麓の道路沿いに見える建物が気になるのでゴー。道沿いだからガソリンスタンドかな?

道路で案内標識発見。
看板と地図を照らし合わせてみたところ、さっきまでいた町はBULL HOLLOWという名の町で、現在地はBULL HOLLOWとELDERSTONEの中間といったところだ。
こういう環境の様子と地図から現在地割り出すの超好き。マップという小物に必須性と、これ以上ない意味をもたらしてくれるから。なによりジャーニー感がたまらない😊

ガソリンスタンドだと思っていたところはダイナーだった。周辺のゾンビちゃんを片付け、お邪魔しまーす。

ダイナーのくせに厨房にはまともな食材がなかった。が、塩を見つけた。これを生肉に振りかけると塩漬け肉ができた。うまっ。

そこら辺に落ちてる石を10個集めてキャンプファイアを設営。運良くマッチを拾っていたので残りの肉を焼く。肉の回復量はハンパじゃない。長旅には必需品だ。

ダイナーの敷地内から下水道へ降りる。すげー暗い。クリーチャーはいないようだ。
奥には人が住んでいた形跡があっただけだったが、思わぬ収穫があった。それは水路に溜まった水だ。
この荒れ果てた地で水源の確保はかなり大きいはず。当然ながらダーティな水なので腹を壊す可能性はあるが、背に腹は代えられぬ。空きボトルに水を補充。
鍋みたいなのがあれば煮沸できるかも。

ダイナーの駐車場でバスを発見。調べてみると燃料入ってるしパーツも一通り揃っているではないか。
おお!エンジンもちゃんとかかるぞ!

と思いきや地形にハマっておりピクリとも動かせない。んだこれー😂
前の所有者はここで地形ハマりして乗り捨ててしまったのかもしれないw

日が暮れてきた。綺麗な夕日じゃないか。この道の先にELDERSTONEという町があるようだがはてさて…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。