「Destroy All Humans!」帝国の野望 #2

前回からの続き。

最初のミッションをクリアし母艦へ帰投したところでポックスから地球侵略のいきさつが語られた。

  • エイリアンは「フロン帝国」に属する
  • 長年の戦争と核開発によって遺伝子が汚染されてしまい生殖機能が失われ繁殖ができなくなった
  • クローン技術はあるもののコピーの度に遺伝子情報が劣化してしまう
  • 帝国の未来のため何としてでも古代フロンの正常なDNAが必要
  • 実は古代の地球に偶然立ち寄っていたグループが当時の人類と交配しており、正常なフロンのDNAは現人類が継いでいた

 

それで地球に矛先を向けたと。一応深刻なバックグラウンドを抱えているわけね。クリプト137がそんな深刻なことを考えているようには全く思えないが(笑)

母艦で能力のアップグレード。
シールドや武器の能力なんかをDNAを支払うことで強化できる。攻撃力アップや対象を複数に増加させたりと多岐にわたる。
DNAは好きなステージに出撃していつでも人間の脳みそ集めて稼げるのでアップグレードの選択はあまりシビアに悩まなくていいと思う。

また、順次開放されていく各ステージ4種類のサブミッションもクリアすると大量のDNAをゲットできる。
牛や人間をトラクタービームに向かって投げ入れたり、制限時間内にどれだけ損害を与えられるか等、内容も破茶滅茶で面白い。

 

👽ミッション2 地球の女は美味だ!

このミッションは被検体の拉致が目的。ステルス関連の能力のチュートリアルとなる。

  • 【警戒レベル】 周囲からの目立ち具合。ルックスがもう地球外なので姿を見られた時点で警戒される。高レベルなほど強力な敵(警察・軍)が襲ってくる。潜伏すればレベルは低下する。
  • 【ホロボブ】 対象の人間に変装できる技術。人間達にバレなくなる。時間経過で解除。コーテックス・スキャンを使えば維持できる。
  • 【フォーゲット】 対象の人間の記憶を消去し警戒を忘れさせる。

 

ところで画面左上に表示されるポックスのセリフがかなり見づらい。プレイ中にリアルタイムで読むにはこの位置だと少々きついぞ。
あとUIのカラー。SF感が出てていい感じだとは思うがテキストの認識性が低いように感じる。設定でここらへんカスタムできると嬉しい。
結構ゲーム進めてからこの記事書いてるが、このゲーム唯一の不満点かもしれない。

人間に変装しお祭り会場へ潜入。まずは人間たちをスキャンしていく。
その後、被検体に催眠をかけ円盤まで誘導する。

  • 【インプラントコマンド】 状況に応じた行動を命じることができる。

 

円盤に乗って会場を破壊していく。

  • 【アブダクト・O・ビーム】 サイコキネシスの円盤版。車両なども投げ飛ばせる。

 

対象物を全て破壊すればミッションクリア。

このゲーム、攻撃性能は無双できちゃうレベルだが、かといって防御面では実は打たれ弱い。敵の攻撃の見極めや自身の能力の活用を意識してないと窮地に追い込まれがちなので、カジュアルな見た目とは裏腹にアクションゲームとしてはなかなかの難易度に仕上がっていると思う。

 

👽ミッション3 市民クリプト

人間に遺伝子操作された牛を調査する。

緑に発光する牛をスキャン。放射性爆発ゾンビ牛とのこと。こんな愚かなことをしたマッドサイエンティストを成敗することに。(面白いおもちゃ作ってくれてありがとう)

市長がエイリアンの存在を公表するため集会を開こうとしている。阻止するため市長になりすまして集会で演説する作戦を立てる。

まずは警察に囲まれた市長に近づく必要がある。ここでディストラクトが使えるようになる。

  • 【ディストラクト】 人間を操り周囲の人々の注意を逸らす。

 

ディストラクトをかけられた人間は突然踊り狂い、周囲の人々はそちらへ誘導される。その隙を狙って市長に近づき変装。

だいたい共産主義のせいにすればみんな喜ぶ(笑)

 

市長の姿で演説。聴衆に放射性爆発ゾンビ牛の釈明、エイリアンの存在の有無などを選択形式で説明していく。聴衆が満足すればゲージが上昇し、不満であれば下降する。
私は回避できたがおそらくゲージがゼロになるとゲームオーバーになると思う。

演説に成功すればミッションクリアとなる。

「Destroy All Humans!」帝国の野望 #3

“「Destroy All Humans!」帝国の野望 #2” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。