ニュース

GOG.comがDRMフリーへの理解を深めるためのキャンペーンサイト「FCK DRM」公開

GOG.comが”DRMフリー”への理解を深めてもらうことを目的とするウェブサイト「FCK DRM」を立ち上げ、人々にDRMについての議論を喚起するキャンペーンを展開しています。

以下GOG.comによるアナウンス文になります。そこからFCK DRMの立ち上げに至った動機が見えてきます。

ゲームに対するDRMフリーというアプローチは当初からずっとGOG.comの中心にあります。 ゲームを購入した場合、それはあなたのものでなければならないと強く信じています。あなたのプレイに使い勝手の良さもたらす唯一の方法です。
状況は2008年(※)以来変わりました。今日、多くの人々はDRMが何を意味するのかを理解していません。 ゲームに対するDRMの問題は依然として残っています。いつ、そして何故、アクセスが妨げられて
れてしまっているのかあなたはわかっていない それはゲームだけでなく、書籍、音楽、映画、アプリも同様に影響を受けました。
DRMの意味、ゲームやその他のデジタルメディアへの影響、そしてDRMフリーによるアプローチのメリットについての理解を助けるため、FCK DRMという取り組みを開始します。 目標は、人々を教育し、DRMに関する議論を喚起することです。 詳細についてはhttps://fckdrm.comをご覧になり、DRMに関するあなたの意見や話題、どのような影響を受けたかをシェアしてください。

※GOGサービスオープンの年

DRMフリーとは何ぞや?という方はこちらの記事をご覧ください。

FCK DRMサイトではGOGの他にもDRMフリーサービスを提供する各メディアが紹介されています。

なぜ”今”このキャンペーンを行うのか

個人的に気になってしまったのが、なぜ今、このタイミングでこのようなキャンペーンをGOGは始めたのか?ということ。アナウンス文からなんとなく読み取れる「ひと昔前とは違い、DRMへの意識が若いユーザーの出現によって希薄化してきた」というのもその疑問のひとつの答えだとは思いますが、今年2018年に起きた様々な出来事が今回のDRMフリー啓蒙キャンペーンに繋がっているような気がするんです。

  • EU圏でのGDPR(一般データ保護規則)施行
  • ビデオゲームでのユーザー監視プログラム使用の表面化による一部の反発
  • ドイツで発売日未定商品の予約は消費者保護の観点から禁止となる判決

上記の出来事はDRMとは直接的に関係はなく、今回のキャンペーンに絡めるのもいささか飛躍しているかもしれませんが、今年起きたこれらの出来事には「消費者、利用者の権利を取り戻す」という思いが形となって現れているという背景があります。このような機運が高まってきている今だからこそこのタイミングで、今年10周年という節目を迎えるGOGはFCK DRMを開始したのではないでしょうか。そんな気がしてなりません。

DRMは今後どうなるのか

私はDRMはいつかなくなると思っています。それはブロックチェーンによる応用が一般化するか、もしくは不正を防止する他の新技術の登場によるものかもしれません。いずれにせよ、現在DRMは依然として多数のデジタルコンテンツで施行されており、それが当たり前のようになってしまっているので、ユーザーは何ら疑問を持たず利用し続けています。でもGOGは動きました。DRMフリーの販売だけに留まらず、ついに外に向けて発信し始めました。なんとかしてDRMフリーが当たり前の世の中に変えたい、それには当たり前のようにDRMに浸かってるユーザーの意識から変えねば。そんな訴えがひしひしと伝わってきます。私もDRMフリーを支持しているのでこれからDRMフリーネタを増やしていきたいと考えています。

何だかこのキャンペーンはCyberpunk2077のDRMフリー専売の前兆のようにも思えてきました。

ピックアップ記事

  1. Brave日本語設定とBATを寄付する方法
  2. このブログがBAT支援受付に対応しました@Braveブラウザ
  3. 次世代プラットフォーム到来か?「RobotCache」アーリーアクセス体験記

関連記事

  1. ニュース

    GOG版「Wolcen: Lords of Meyhem」アップデートを断念しストアから撤退

    悲報です・・・。2年にわたるアルファフェーズからやっとベータフェー…

  2. ニュース

    都市運営サバイバルシム「Frostpunk」AMAまとめ

    発売日まであとわずかとなった都市運営サバイバルシム「Frostpunk…

  3. ニュース

    サバイバル運営シム「Frostpunk」2018年の開発ロードマップ公開

    リリースからわずか3日で25万本を売り上げる好評ぶりを見せ、現在リリー…

  4. GOG.comの使い方

    GOG.comがGalaxy起動プロセスを組み込んだ新たなwebインストーラーを導入

    GOG.comから、すべてのゲームに適用される新しいwebインストーラ…

  5. ニュース

    「Neverwinter Nights: Enhanced Edition」GOG版開発中

    Beamdogの公式ブログで、先日行われたPAX Westパネルでのハ…

コメント

    • 山の中
    • 2018年 8月 23日

    やはり、FrostpunkのGOG版が、米アマゾンで海賊版として売られていたのも原因ですかねえ

    確かに、最近はインターネット環境が良くなり常時接続があたりまえみたいになると、オンライン常時認証とか言われても、あまり意識しないんでしょうか。
    まあ、かろうじて電気は通ってます的な山の中の住人としては、もうDRMフリー一択ですけども。

    • そういえばAmazonの件もありましたね!

      山の中さんのご意見は身をもってDRMフリーの素晴らしさとDRMの不自由さが伝わる貴重なご意見です。DRMの議論が活発化することを願うばかりです。

    • 山の中
    • 2019年 10月 14日

    長らくご無沙汰しておりました。そちらは台風の被害は大丈夫だったでしょうか?
    当方、会社を辞めたり引っ越したりでバタバタしており、しばらく失礼しておりました。

    ちなみに引っ越したので、山のど真ん中の「山の中」から、多少人里に近づいた「山の中」になりまして、ついに光ケーブルが届きました。やったね!!
    で、やはりと言うか、さっそくSteamに手を出しまして、主様のおっしゃっていた「疲れちゃった・・・」を実感しているところでございます。(はい、正直に言います。ご無沙汰していたのはこれも原因でございます・・・)
    しかし、なぜSteamは「HENTAI」ゲームばかりお勧めしてくるのでしょうねえ?(それは原因は一つしか無いだろ・・・)

    本題になりますが、「Join us in support of the International Day Against DRM」だそうです。相変わらず吠えてますな。
    個人的には、同じゲームなら多少お値段が高くても、絶対にDRM-free(=GOG)で買いますけどね!

    そんなわけで、今後もよろしくお願いいたします。

    • お久しぶりでございます。台風は問題ありませんでしたよ。
      環境変わるとなにかと大変だと思いますが、ともあれ光ケーブル開通おめでとうございます。
      こちらこそ今後ともよろしくお願いします!

  1. 2018年 10月 12日
    トラックバック:Knowyourthrush.com

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

  1. 雑記

    Brave日本語設定とBATを寄付する方法
  2. 雑記

    次世代プラットフォーム到来か?「RobotCache」アーリーアクセス体験記
  3. 雑記

    このブログがBAT支援受付に対応しました@Braveブラウザ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。