雑記

そういえばあの早期アクセス作品どうなった?2018

年末になったらやろうと思ってた企画。個人的に気になってたIn Development(早期アクセス中)作品の今年の進捗具合を調査してみました。

CrossCode (2015年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=zuN-5yxwogU

SFC時代の作品を彷彿とさせる高評価2DアクションRPG。GOG版、Steam版ともに9月に早期アクセスを終了させ、晴れて正式リリースとなりました。私も所持はしているんですが、一度もプレイしていないので2019年のどこかのタイミングでぜひともプレイしたい。日本語対応。定価$19.99。

CrossCode GOGストア

Kenshi (2013年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=nN3BXvRGjBo

オープンワールドを採用した高評価サンドボックスRPG+ストラテジー。GOG版、Steam版ともに12月に早期アクセスを終了させ、晴れて正式リリースとなりました。海外制作ですが日本ユーザーの方にもとても人気がある作品ですね。私は未プレイなんですがめちゃくちゃ面白そうだ。日本語対応。定価$29.99。

Kenshi GOGストア

Project Zomboid (2013年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=b4I2PE5MqxY

現代世界を舞台とするサンドボックス ゾンビサバイバル。早期アクセス作品の中では古株に位置しますが、今年も正式リリースされることはなかった…。おそらく2019年も正式リリースされることはないでしょうw ですが、アップデートは相変わらず順調で、今年は車が追加され、ゆくゆくはNPCの追加などが予定されており、今後も目が離せない作品となっています。しばらくプレイしてないけどNPCが実装されたら再開したいところ。日本語対応。定価$14.99。

Project Zomboid GOGストア

Factorio (2016年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=DR01YdFtWFI

高評価工場建設シム。公式サイトでは2012年よりアルファ版が配信されていたがSteam、GOGでは2016年に早期アクセス開始。今年価格改定により定価が$30.00に引き上げられました。割引セールを行わないことでも有名で、待つだけ損なので気になったらさっさと買うのが吉。早期アクセスを脱するのは近いと思われます。日本語対応。

Factorio GOGストア

The Universim (2018年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=aneWNF0h_O8

今年アルファ版の早期アクセス配信が開始されたゴッドゲーム。実装予定コンテンツはいくつかアナウンスされているものの、現時点ではボリュームが不足気味。1年~1年半ほどの早期アクセス期間を予定しているらしいですが、鵜呑みにせず見守っていきましょう。日本語非対応。定価$29.99。

The Universim GOGストア

Staxel (2018年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=yvIcdFCnusI

ボクセルグラフィックが特徴の農場運営シム。今年Steamで早期アクセスが開始、数カ月遅れてGOGでも配信開始。2019年頃の早期アクセス終了を目指しているそうです。やや更新頻度が遅めか。日本語対応。定価$19.99。

Staxel GOGストア

Wolcen: Lords of Mayhem (2016年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=zBuxRGmPPC0

ディアブロライクなハクスラ アクションRPG。現在大幅な変更・追加を施すベータ版への更新に向け、Steam版を対象に複数回にわたってテストを行っています。2019年内には正式ベータ版へ移行できると見られますが、品質重視の姿勢のため正式リリースはさらに先になりそうな気がします。現在のアルファ版には日本語オプションが実装されていますが(ストアページには記載無し)、ベータ版に移行した際も日本語が実装されるかは不明。定価$19.99。

Wolcen:Lords of Mayhem GOGストア

Besiege (2015年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=uWKEJ92486U

物理演算を特色とする兵器クラフティングゲーム。今年行われたアップデートにより日本語含む多言語に対応。早期アクセス終了は未定だが、すでに十分遊べるし更新速度は遅いながらも着実に進化していってる。定価$9.99。

Besiege GOGストア

Planet Nomads (2017年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=1rvN_Ue3bdI

シングルプレイ専用のSFサンドボックスサバイバル。アップデートは順調で、2019年Q2に予定されている正式リリースにちゃんと間に合いそうな気はする。直近のアップデートでサバイバル要素を排除したフリーロームモードが追加されました。日本語非対応。定価$19.99。

Planet Nomads GOGストア

Ion Maiden (2018年開始)
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=QcAwzusZUrQ

オールドスクールなFPS。2019年Q2に正式リリース予定。今後のアップデートでマルチプレイヤーモードが追加される予定。正式リリース時にはコンソール機含めパッケージ版も販売されます。日本語非対応。定価$19.99。

Ion Maiden GOGストア

 

関連記事

  1. 雑記

    Mod DB クリエイター陣が提供する開発者向けMods API「mod.io」

    Mod関連やインディーゲームなどを包括するウェブサイト「Mod DB」…

  2. 雑記

    超絶進化を遂げて帰ってくる「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Dee…

    ここ最近リマスター版の「The Bard's Tale Trilogy…

  3. 雑記

    「Fallout Classic」?

    先日まで行われていたサマーセールの期間中、GOG.comのストアページ…

  4. 雑記

    日本が誇る地下ダンジョン!?『大谷資料館』に潜ってみた

    7月某日、栃木県は宇都宮市にある『大谷資料館』という所に行ってまいりま…

  5. 雑記

    ドキュメンタリーチャンネル Noclip、GOG.comの裏側に迫るドキュメンタリー公開

    ビデオゲーム業界にまつわる真実に迫るドキュメンタリー動画を制作するYo…

  6. 雑記

    スウェーデン発DRMフリーストア「FireFlower Games」紹介

    DRMフリーのゲームを配信するストアとして確固たる地位を築いたGOG.…

コメント

    • 山の中
    • 2018年 12月 25日

    早期アクセスものって、結局そのままフェードアウトしがちですからねえ。
    その点、GOGの早期アクセスゲームは、審査がしっかりしているのか、比較的そういう事が無いような気がします。

    自分が思うに、早期アクセスものをDRM-Freeで購入する利点の一つとして、古いバージョンのほうが面白かった場合に、そちらで遊び続けることができる。というのも有りますな。(自分の経験では「Rimworld」。Kickstarterからのお付き合いでDRM-Free版をダウンロードしてるんですが、個人的には昔のやつのほうがシンプルでハマれました)

    • gogの早期アクセスゲーのうち3年以上早期アクセスやっているのは今のところ24本中3,4本くらいなのでいかに厳選されているのかがわかります。終了させられる見込みがあるやつしか出さないと声明も出していますしね。

      Rimworldやりたーい!昔からすごいやりたいんですがいまだに未体験…。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

👉X4:Foundationsプレイ日記

👉The Bard’s Tale 4 攻略記事

👉リマスター版 The Bard’s Tale 初心者ガイド

👉オープンワールド作品プレイ日記

人気の記事

アーカイブ

Twitter でフォロー

  1. 攻略情報

    X4デブリ暮らし☆10
  2. ニュース

    GOG版 Neverwinter Nights: Enhanced Editio…
  3. クリア感想

    「Rune Classic」クリア感想と開発中の続編「Rune」の新要素を探る
  4. 攻略情報

    「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」パズルウェポン…
  5. 新作リリース情報

    「Neverwinter Nights: Enhanced Edition」GO…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。