雑記

Cyberpunk 2077 の情報を E3 前におさらい&予想

今年もまもなくアレがやってきます。そう、ビデオゲームの祭典「E3」が。

アメリカはカリフォルニア州ロザンゼルスにて6月12日(現地時間)より3日間の開催スケジュールとなっており、今年はどんなサプライズをお目にかかれるんだろう、と今からワクワクしているわけでありますが、今年の個人的な目玉といえばやはりCD Projekt RED(以下CDPR)が開発中の新作RPG「Cyberpunk2077」です。

じつは「Cyberpunk2077」の出展は公式に発表されているわけではないのですが、CDPRのE3参加は決定しているので、可能性は大きいように考えられます。

2012年に正式発表されて以来ほとんどゲーム内容の詳細には触れられておらず、今年のE3では何らかの情報が出てくることを期待したいところです。

とりあえずE3での発表を見越しての見切り発車であり、具体性はほぼありませんが「Cyberpunk2077」の現在判明している事柄をwikiを中心に調べてみました。

紹介

Cyberpunk 2077 は、CDPRによって開発中のAAAシングルロールプレイングビデオゲームでリリース時期は未定。PC、PS4、Xbox One対応。

25年の歴史を持つ、サイバーパンクをテーマとするテーブルトークRPG「Cyberpunk 2020」を原作とし、Cyberpunkフランチャイズのデザイナー Mike Pondsmith 氏が開発に携わっている。

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=P99qJGrPNLs
キーポイント/開発目標

◆リッチな未来、超近代的テクノロジー、退廃的な社会。先進的で腐敗した2077年が舞台。

◆成熟したファンのための成熟した野心的なRPG。リアルかつ残酷な未来。

◆活力とディテールで満たされたノンリニアで魅了するストーリー。舞台はサンドボックス環境となる「ナイトシティ」。

◆2077セッティングにアップグレードしたペン&ペーパーシステムに基づく高度なRPGメカニック。

◆豊富なキャラクタークラス。

◆膨大なウェポン数、アップグレード、インプラント、クールなハイテクガジェット。50年以上に及ぶ人類の進歩を反映する新たな装備類。

◆かつてないゲーミング体験で未来的なRPGジャンルの新しい基準を定める。

◆開発は新しいRED ENGINE 4 を利用している。

CDPR内のポスターから判明したキーポイント

これらはCDPR社内に貼られたポスターに書かれていた。

◆タクティカルモード

戦闘モードの一種か?

◆2つのサンドボックス環境

ナイトシティとその周辺も存在するとされる

◆インタラクティブでノンリニアなシーン

ノンリニアな会話?

◆ローレベル、クエストベースのストーリー

ローレベルが何を意味するのか

◆ブレインダンス

BDプレーヤーという脳機能拡張を用いて、感情、筋肉、知覚などの人々のデジタル化された記録を体験する技術。ブレインダンスの詳細はこちら

ティーザートレーラーで用いられたウェポン

女性型サイボーグに発砲したコップが持つアサルトライフルタイプ。ホロサイトらしきものを装着。

女性型サイボーグに銃口を突き付けてるコップが片手で構えているハンドガンタイプショットガン?マガジンと内部機構に”12 GA AUTO”の表記。

女性型サイボーグのアーム格納型ウェポン

Cyberpunk2020 ロール

クラス制を導入するとされるCyberpunk2077のヒントになりそうなCyberpunk2020のロール。
また、肉体をサイバー化すると人間性が欠落していく要素もあるが、2077にも同様の要素の導入を期待したい。

ロール 説明 特殊技能
Cop Maximum lawmen on mean 21st century streets (法の執行官) Authority
Corporate Slick business raiders and multi-millionaires (企業投資家) Resources
Fixer Deal makers, smugglers, organizers, and information brokers (密輸業、ブローカー) Streetdeal
Media Newsmen and reporters who go to the wall for the truth (ニュースレポーター) Credibility
Netrunner Cybernetic computer hackers (ハッカー) Interface
Nomad Road warriors and gypsies who roam the highways (放浪者、暴走族) Family
Rockerboy Rebel rockers who use music and revolt to fight authority (扇動ロッカー) Charismatic Leadership
Solo Hired assassins, bodyguards, killers, soldiers (暗殺者、傭兵) Combat Sense
Techie Renegade mechanics (技術者) Jury Rig
Med-Tech Street doctors (ドクター) Med-Tech
サウンドトラック

Cyberpunk2077では「今までに聞いたこともないような音楽」を目指し、実験的なトラックメイキングに挑戦している模様。

取り組んでいるのは、いまやレジェンド級のロックバンドGuns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼス)の元ドラマー Bryan “Brain” Mantia 氏と現キーボーディスト Melissa Reese 女史。

こちらのコンビは「Infamous:Second Son」、「Mortal Kombat」、「Bloodborne」での経験もあります。

「60年後の音楽」という挑戦的で実験的な制作を行っています。サウンドトラックにもぜひ着目してみてください。

 

情報、参考元 Cyberpunk2077RedditWiki CyberpunkWiki altcher engadget

 

関連記事

  1. GOG.comの使い方

    GOG Coversを利用して名作を永久保存

    GOG.comで購入したDRMフリータイトルを皆さんはどのように保管し…

  2. 雑記

    超絶進化を遂げて帰ってくる「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Dee…

    ここ最近リマスター版の「The Bard's Tale Trilogy…

  3. 雑記

    GOG.comを強化するユーザースクリプト「Barefoot Essentials」

    以前GOG Databaseへのリンクを追加するユーザースクリプトをご…

  4. GOG.comの使い方

    GOG.com最大の特徴「DRMフリー」とは?

    ※この記事は「DRM」と「DRMフリー」の対立を煽る意図は全くありませ…

  5. 雑記

    お伝えしたいGOG.comの良いところ

    『GOG.com』はPCで遊べるビデオゲーム・映画を販売するプラットフ…

  6. 雑記

    GOGコミュニティマネージャーが解雇?復帰を望む声が多く寄せられる事態に

    先月末あたりからちょっとした騒ぎが続いています。それは"GOGコミュニ…

コメント

    • 山の中
    • 2018年 5月 22日

    ウィリアム・ギブスンの小説やら映画のブレードランナーやらにハマったオジサンとしては楽しみすぎます。
    と言いつつ、今週は「Detroit: Become Human」に浮気します・・・(もちろん週末セールをチェックした後で)

  1. Detroit: Become Human気になりますね!ああいう未来の形が実際に見えつつある現代を生きる者として、未来コンテンツって昔より余計に何か感慨深くなります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

👉X4:Foundationsプレイ日記

👉The Bard’s Tale 4 攻略記事

👉リマスター版 The Bard’s Tale 初心者ガイド

Twitter でフォロー

人気の記事

アーカイブ

  1. セール情報

    「Alan Wake」再販 & セール開始。ライセンス切れしていた楽曲…
  2. 雑記

    日本が誇る地下ダンジョン!?『大谷資料館』に潜ってみた
  3. デバイス

    暑さを吹き飛ばす卓上冷涼グッズ
  4. ニュース

    GOG.comでXenonauts 2 デモ配信開始
  5. ニュース

    「MYST Ⅲ EXILE」発売をGOG.comがTwitterで示唆
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。