雑記

超絶進化を遂げて帰ってくる「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」の要素を動画でチェック

ここ最近リマスター版の「The Bard’s Tale Trilogy」を暇を見つけてはちょこちょこプレイしています。ダンジョンクローラーっていつやっても適度な緊張感を味わえる普遍的な魅力を持っていますよね。オリジナルは30年も前の作品ですが、当時の輝きは今もなお失われていないようです。

その輝きをさらに増したであろうシリーズ最新作「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」がいよいよ今月リリースされます。開発元の inXile Entertainment が公式動画で本作の様々な要素を紹介しているのでその内容を追っていきます。

①キャラクタークリエイション

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=6EPyq61TAA8&feature=youtu.be

この動画ではキャラ作成時の要素を紹介しています。

まず”Archetype”(原型)というものを決めます。「Bard」、「Practitioner」、「Fighter」、「Rogue」の中から一つ選択するようです。

次に”Culture”(文化)を決めますが、これはキャラの種族(生い立ち)のことですね。Humanだと出身地ごとに4種用意されています。その他に、Dwarf、Elf、Trowという種族が用意されています。それぞれに特性が備わっています。

その後にポートレイト、キャラボイス、名前を決めていきます。ここで容姿と性別が決まるようです。

最後にスキルポイント振りです。用意された3スキルポイントを「Attack」、「Defense」、「Command」、「Crafting」の4つのセクションの中から好きなものに振っていきます。それぞれツリー式のようになっているようで成長の幅が広がりそうです。

ホビットやオークなどの種族、マジシャンやパラディン、モンクなどの職業はリストラされたのでしょうか?冒険中転職できるのかどうかも気になるところです。スキルシステムは奥が深そうで研究し甲斐がありそうです。スキルポイントの振り直しが実装されていたら嬉しいな。

➁戦闘

 Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=MDDFumZOzps

こちらの動画は戦闘要素を紹介しています。

敵との戦闘はシンボルエンカウントで始まるようです。その際、不意を突いて接触すれば先制攻撃状態で戦闘が始まります。

前列のメンバーは後列を守ったり敵の視界を遮る効果があります。

Bardの歌で敵を弱体化し、PractitionerのドラゴンブレスというAoE呪文を喰らわすというコンボ例。

呪文詠唱者を攻撃して詠唱を阻むことができるようです。

視覚的にとても分かりやすい戦闘画面です。1ターン毎にじっくり戦略を練る必要がありそうですね。この手の作品って昔はありえない数の敵が出てきたりしたけど今作はどうなんでしょうか?

➂個性的なNPC

 Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=xOOsoCNmQuk

こちらの動画では冒険を彩る個性的な登場人物たちにフォーカスしています。

350以上のキャラクターが登場。完全フルボイスで、スコットランドとイングランドの俳優を起用しているそうです。Bard’s Taleはスコットランドに実在するSkara Braeが登場したり、ケルトの雰囲気が漂う作風なのでスコットランドとイングランドの俳優さんの起用はベストチョイスと言えそうですね。こだわりが感じられます。


Bard’s Tale ⅣのKickstarterページのアップデート情報によると、リリース後に”レガシーモード”の実装を計画しているようです。これはクラシック体験を導入するもので、具体的にはグリッドベースの移動、ミニマップを隠す、テキストがスクロールするオールドスクールな戦闘、オリジナルに近いセーブシステムなどです。

さらに当初25時間ほどのプレイ時間を約束していたそうですが、プレイテストの結果軒並み35時間以上のプレイ時間になっているそうです。

Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deepは9月18日リリース予定となっています。

Bard’s Tale ⅣのGOGストアページ

参考、情報元 https://www.kickstarter.com/projects/inxile/the-bards-tale-iv?lang=ja

関連記事

  1. 雑記

    ドラマ版 ウォーキング・デッド S9 第5話を見た (ネタバレ注意)

    ドラマ版のウォーキングデッド、シーズン9の第5話(字幕版)を視聴いたし…

  2. 雑記

    Mod DB クリエイター陣が提供する開発者向けMods API「mod.io」

    Mod関連やインディーゲームなどを包括するウェブサイト「Mod DB」…

  3. 雑記

    そういえばあの早期アクセス作品どうなった?2018

    年末になったらやろうと思ってた企画。個人的に気になってたIn Deve…

  4. 雑記

    GOG Database ユーザースクリプト導入方法

    突然ですが、「GOG Databese」ってご存知でしょうか?とあ…

  5. 雑記

    GOGコミュニティマネージャーが解雇?復帰を望む声が多く寄せられる事態に

    先月末あたりからちょっとした騒ぎが続いています。それは"GOGコミュニ…

  6. GOG.comの使い方

    GOG Coversを利用して名作を永久保存

    GOG.comで購入したDRMフリータイトルを皆さんはどのように保管し…

コメント

    • 山の中
    • 2018年 9月 19日

    毎度毎度、問い合わせばかりで申し訳ありません。

    主殿はキックスターターで支援しておられましたでしょうか?

    私、早期tierでバックしておりまして、Digital Rewardsのキーは来たのですが、肝心のゲーム本体のキーが来ていないのです。
    (購入サイトの登録は、12月にGOGで登録済み)

    もし、主様の所には既にメール来てるようでしたら、またまた中二英語で問い合わせをしようか・・・と思っておりまして・・・

    • とんでもない、どんなコメントでも大歓迎ですよ。
      私はGOGで予約購入したのでキックスターター経由ではないのですが、Twitterを見てみると海外のバッカーさんもキーが貰えてない方々が散見できますね。何かしら問題がおきているのかもしれません。
      inXileが「support@inxile.net」に問い合わせするよう促していました。

    • 山の中
    • 2018年 9月 21日

    コメントありがとうございました。
    うーん。仕方ないので問い合わせてみるか・・・

    ちなみに、自分、バードって、てっきり「小鳥のように詩をさえずるから」かと思ってたら、スペル違うんですねえ。
    birds tale で検索して、グーグル先生から「違うんじゃない?」とバカにされました。

    • なんだか問い合わせ続きで気の毒に思いますが、うまくいくことを祈っております。

      「birds tale」 これはこれで面白そうですね!w

    • 山の中
    • 2018年 9月 25日

    毎度毎度で申し訳ありません。

    開発元よりリマインダーのメールが来ていたので「この間やったじゃん・・・」と思いながらも再度登録したところ、なぜか今度は無事通りまして、GOGキーをゲットできました。
    お騒がせいたしました。

    と言うか、そうすると12月に登録したのは何だったのか・・・

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。