『SpellForce 3 Reforced』 プレイログ#9

ファンタジーなRPG+RTSゲーム『SpellForce 3 Reforced』をプレイ中。

※ネタバレ注意

30年前、エルフの母国フィノン・ミアから追放されたモルヒア・エルフは、現在リーフシェイドと呼ばれるジャングルで身を寄せ合って暮らしてる。ブラッドバーン調査の協力を仰ぎに彼らの元へ向かう。

ところがどっこい、リーフシェイドに入るもどうも様子がおかしい。アンデッド化したエルフ達が徘徊してるじゃないの。

モルヒア・エルフの町、ラスウェインでは1stスクライヤーのフィンリオールと2ndスクライヤーのメレリスが激しい口論をしていた。
(スクライヤーとはモルヒア・エルフの代表格であり、モルヒア評議会の構成員を指す。現在6人居る)

2人のスクライヤーはエルフのアンデッド化、通称”腐敗”を巡り、考えが対立してるようだ。

  • フィンリオールは腐敗の原因について、エルフが信仰する女神エレンの呪いだと考えてる。ここ最近の信仰離れに対する罰との事
  • メレリスは他種族と症状は違えど腐敗の原因をブラッドバーンだと考えてる

どちらに協力するか決めることになったのでリアル思考なメレリスに協力することに。リーフシェイド内の調査開始。

リーフシェイドには王国軍の前哨基地もあった。ここを率いてるのはカッパー二等軍曹で、「ベイン」と呼ばれるピュリティの過激派達も陣営に加わってるようだ。かつてグレイキープで見かけたピュリティ信者リリアスがベインを率いてた。

カッパーから基地周辺の調査の許可を得た。カッパーからは薬草探しのサイドクエストも請けられる。別マップでの冒険となるため気分転換にもってこい👍

カッパーとの会話が終了すると1人の兵がタハールに言伝を届ける。バートランドがタハールを探してるらしい。

バートランドが待ってるという場所へ向かうと傭兵達の襲撃に遭う。タハールを暗殺するための罠だったのだ。

ところが戦闘中、敵の1人が突然同士討ちを始める。戦闘後、同士討ちを始めたイアンナから話を聞く。

  • タハール暗殺を依頼したのはアマリア・レオニダー。理由は不明
    (個人的考察:アマリアは夫と息子をメイジ・ウォーで亡くしてるのでタハール家に恨みあ  り?)
  • タハールを追跡していく中でブラッドバーンの治療法を探してることを知ったイアンナは、組織を裏切りそれに協力することを決めた
  • イアンナはブラッドバーンで親しい者を亡くしてる
  • イアンナはその者が抱えるものや背景を見通すことができるドリームウィーバーの力を有してる

暗殺者イアンナがパーティー加入。こんな強引な流れある?w

イアンナちゃんはなんと、ドリームウィービングとアサシネーションというユニークアビリティ2コ持ち女。これを書いてる時点ではまだ実戦投入してないけど、アビリティ説明を見る限りどちらもかなり強力そうだ。不安要素があるとしたら紙装甲なことだろうか。もっとアビリティポイントを蓄えさせてからロールアウトさせてみようかと考えてる。

アサシネーションはアーチェリーの近接版のようなところがある

ジャングル内の調査続行。汚染された泉が数か所、そして腐敗の影響を受けた樹木巨人、トレントを見つけた。それらをメレリスに報告。

状況から鑑みるに腐敗の原因はエレンの呪いでもブラッドバーンでもなく、汚染された泉にあるようだ。泉の除染作業を行うには泉があるセクターの安全を確保する必要がある。フィンリオールとメレリスからモルヒア・エルフ軍の指揮権を一時的に与えてもらった。

軍との合流場所へ向かうと何故か王国軍のカッパー軍曹達の姿も。モルヒア・エルフ討伐を主張するリリアスを筆頭とするベインが、反対派であるカッパー達に襲い掛かり、前哨基地を奪われてしまったようだ。

ここからRTSパートへと移行。モルヒア・エルフ軍&王国軍による混成部隊を率い、泉の除染作業と前哨基地の奪還を目指す。先述のカッパー発の薬草探しのサイドクエストをクリアしてると王国軍の初期ユニットが多少充実する。

汚染された泉は全部で5か所。泉があるセクターを自軍下に置いたら、泉にワーカーを配置することで除染作業が始まる。時間経過で泉の作業は終了するが、その間、腐敗に侵された動物が襲ってくるかもしれないのでワーカーが殺られないように注意を払っておいた方がいい。

浄化された泉

エルフ勢のアウトポストはワーカーの増産用と人口増産用の2種類があるため泉セクターにはワーカー用のものが必須となる。このように勢力ごとで仕様が異なるのは全く構わないが、キャンペーン中はずっとRTSしてるわけじゃないから全然慣れないのよね。毎度いろんな勢力使うことになるから。ところでエルフの一般兵ユニットは近接と遠距離を瞬時に切り替えられるのめっちゃ便利。

敵の攻城兵器はぶっ壊れる瞬間に大爆発するので退避をおすすめ

泉の1つはベインに乗っ取られた王国軍の前哨基地があるセクターにある。そこを最終目的地に定め、奪還&除染完了!

好きです、蹂躙。

フィンリオールに報告。最後に腐敗したトレントを浄化することに。浄化する呪文「エレンのキス」を教えてもらいトレントと対決する。戦闘の最中にエレンのキスを使えば浄化できるが、トレントを弱らせてからでないと効果が無いので注意。

ぴかぴかになったトレントくんとトモダチになり、ラスウェインに帰還。これにて一件落着し、モルヒア・エルフ軍の協力を約束してもらった。

ミューランディアへ戻るとモルヒア・エルフのキャンプが出来てた。以前リアンノンで出会ったスクライヤー、エレオンちゃんが率いてるぞ。

これでタハール陣営にウェイフェアラーズ、ファイアウィールダー、モルヒア・エルフという3つの種族の軍団が加わった。当初の目的であるエオニアズ・ブレードへの進軍とブラックシーにある謎の島への上陸作戦の会議が始まる。

~続く~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP