GOGの新しくなったフィルター機能

GOG.comストアのフィルター機能が新しくなりました。

この新機能は昨年10月より一部のユーザーのみ対象としてたものですが先日全ユーザーに開放されました。ちょっと見てみましょう。

絞り込める要素はタイトル一覧の左側に表示されます。割引中タイトルとか、早期アクセス中とか、無料ゲームとか、発売予定とかでフィルタリング可能。

価格帯も自由に設定でき、最も高価となる$148.19の商品は『Neptunia Virtual Stars – VIP Edition(ブイブイブイテューヌ VIPエディション)』。やっぱ国産は一味違うぜぇ!

あとはジャンルやOSや言語等でフィルタリングできますが、面白いと思ったのがリリース年でフィルタリングできること。今のところ1980年~2022年の期間で自由に設定可能。
ちなみに最も古いのは1980年生まれ『Akalabeth: World of Doom』。ギャリ夫の処女作ですね。

タグやタイトルが持つ要素でも絞り込めるんですが、ここらへんはもっとバリエーション増やしていただきたいところ。

今回の改善は目立たない改善ではありますが評価できます。あとは個人的に切望するのはMODを集約する場所ですね。Steamワークショップほど高機能でなくてもいいんで、ユーザー間でMODのコミュニケーションを図れるような何かしらのサービスをぜひとも期待したい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP