「グウェント」Homecomingで正式版に & 「奪われし玉座: ウィッチャーテイルズ」配信開始

CD RPROJEKT REDの大人気RPG ウィッチャー シリーズを題材とするデジタルカードゲーム「グウェント」に、かねてから原点回帰を目的とするとアナウンスされていた、大幅な修正を施すアップデート「Homecoming」が配信されました。これにより今までパブリックベータでの運用がされていたグウェントは晴れて正式版としてフルローンチされました。

Youtube:https://www.youtube.com/watch?time_continue=113&v=gT7Zc8TCp8c

元々グウェントのシングルプレイヤーモードとして開発がスタートし、後にスタンドアローン化が決定した「奪われし玉座: ウィッチャーテイルズ (Thronebreaker: The Witcher Tales)」の配信もグウェントのHomecomingと同時にスタート。配信前からGalaxyでプリロード可能だったり日本語でGOGメールが来たりと嬉しい展開もされました。「奪われし玉座: ウィッチャーテイルズ」内で入手した一部カードはグウェントでも使用可能だったり、プレイすることによりグウェント内に反映される特典があったりと連動要素も織り込まれています。グウェントはしばらく触っていなかったこともあるので、これを機に新鮮な気持ちでプレイできそうです。列が従来の3列から2列構成へチェンジしたり新種のカード追加といった大幅な変更がどんな感じなのか楽しみ。「玉座」も新たなウィッチャー史としてストーリーもグウェントバトルも存分に味わわせていただきます。個人的にグウェントはスマホでも遊べたら嬉しいんだけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。