GOGJ

古今東西のゲームに興じるブログ

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』プレイログ#7

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』プレイログ#7

前回からの続き。ネタバレ注意。

迷いの森に来た。

ここ進行ルートから外れると入り口に戻されてしまうようだ。

灯火を目印に辿って行けばいいっぽいが、途中から見失ってわからなくなってしまった。闇雲に進んだら振り出しに戻っちゃうし、どうしましょ。

よく見ると樹が人面になってる

よく見ると埃?粒子?のようなものが森中を舞ってるのに気付いた。風向きに合わせ埃も流れてる様子。考えたところで打開策無いし、とりあえず埃の進行方向に向かって進んでいくことにした。

…あれ…正解だったっぽい(笑)「コログの森」に着いちゃった。あんまり迷わずに行けちゃった。

かわいいコログたちが住まう森のど真ん中には剣がぶっ刺さってた。あれ!?おじさんこの剣知ってるよ!ゼルダの伝説あんまやったことないけどマスターソードってやつだろ?最強武器ゲット!

できなかった。

森の重鎮、デクの樹と呼ばれる巨木さんによると抜くには体力がいるようだ。試しに抜こうとするとハートが吸われるぅ!あやうく死にかけた。

ハート何個あれば抜けるんかな?これはかなり成長しないと無理そうだな。そりゃそうか…。

心臓を捧げよォ!

コログの森でついに念願のあいつとエンカウント。逢いたかったぜ!好きなだけ俺のポーチを広げやがれ!

ところでボックリンて他のコログと身体のサイズが全然違うよね。ミュータントか。

コログの長老スダジイから3つの「しれん」を受けれることを聞いたので早速向かう。

①【操りの力のしれん】
マグネキャッチを使って道を見極めていった。これはかなり簡単だった。

②【はじめてのしれん】
スニーキングミッションだった。トッチーという名のコログに見つからぬよう尾行するという内容。トッチーが予想外の行動を取るので思いの外難しかったが、こういうのもたまにはいいですね。

③【燃えずのしれん】
指定の装備を一度も外さないまま目的地まで辿り着く、という内容。敵が多く出現するがバクダンでゴリ押しした。戦闘よりもアイスメーカーを使うシーンのほうが恐かった。

スニーキングを見つかると一番最初からやり直し…

3つのしれんをクリアし、スダジイから大マックストリュフ✕3をもらう。

ついでにデクの樹のてっぺんまで登ってみたら”究極のしれん”を与えてくれるナモミンというコログがいた。彼が言うヒントを頼りに該当するアイテムを持ってくるというものだ。道中で見つけたら持ってきてやるか。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。