積み崩し旅7「GUN (2005)」#2

積みゲーと共にあらんことを。

□ドッジシティ

ドッジシティに到着。目当ての娼館アルハンブラに…と思ったが、町に貼られている賞金首の張り紙に目が行く。バウンティハントのサイドミッションが受けれるようなので早速チャレンジ。奇しくもその賞金首はアルハンブラに居た。そのへんに居た一般人を盾にし交戦。肉壁接近戦の末、賞金首を無事始末。ごめんね一般人…。この賞金首は殺害した場合10ドル、生け捕りは15ドルの報酬が出るが、生け捕りの仕方がよく分からないので普通にやってしまった。アルハンブラのバーテンダーに例のトークンを見せ、ジェニーに声をかけてもらう。接客中にも関わらずこちらに来たジェニーに汽船での出来事を伝える。船で殺された淑女サディーはここで働いており、ネッドと好い中だったことを知る。だがそこで、ないがしろにされたギャング達がブチ切れ、ジェニーを連れ去りこちらに発泡してきた。バーテンの爺さんと共に応戦。湧いて出てきたギャング達を蹴散らし2階へと進む。ジェニーを連れ去ったギャング、ルードの頭を打ち抜き救出成功。その後、ネッドがかつて愛用していたリボルバー、スコフィールドをジェニーから手渡される。サディーがジェニーに保管を頼んでたようだ。と、ルードの兄弟、クルードが火炎瓶を投げ入れ部屋は大炎上。ショットガンを携えたジェニーと外に出て再びバトル。クルードを始末し、ショットガン、ウィンチェスター・モデル1887をゲット。その後ドッジシティの保安官デントンが現れる。橋をネイティブアメリカンのアパッチ族に襲撃され手を焼いているようで、コルトンに手伝ってもらいたいとのこと。ジェニーの入浴シーン。後ろで着替えるコルトン。・・・事後? 会話の中で、汽船でネッドとサディーを殺した宣教師リードが、数週間前”エンパイア“からアルハンブラにサディーを探しに来てたことが判明。ジェニーとコルトンはリードの手がかりを追うためエンパイアの市長を訪ねることに。そのためにはアパッチ族に襲われている橋をなんとかしないといけない。店ではドルを支払って銃を強化したりウイスキー瓶の容量を増やしたりできる。とりあえずツルハシを購入。これがあればフィールド上で見つかる金鉱から金を採掘できるようになる。制限時間内に馬でブツを配達するバイトで小遣い稼ぎ。サイドミッションクリア=金策+ステータスアップなので、サイドミッションを見つけたらどんどんやるべし。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。