攻略情報

「Venom. Codename: Outbreak」ミッション4

前回のミッション、コブラ ストローク作戦パート2からの続き。

ミッション4″Cobra Stroke” パート3

軍事医学研究センターの最初の棟を攻略し、2つ目の棟へ移動してきた。この棟にはまだ地球外生命体に寄生されていない研究者が残っているようだ。彼を救出するべく最上階を目指す。出撃チームは前回と同じ理由でドラゴン1人だけとなる。自動扉の目の前からスタート。扉の先ではモニターで作業する職員が2名と上階へ向かう梯子を上り下りしている巡回兵が数名ほどいた。レーザーでステルスキルしていく。この部屋には弾薬が置いてあるロッカーがある。貴重なショットガンの弾もあるので補充しておこう。この部屋の中央には前回の棟と同様エレベーターシャフトがあり、換気口からシャフト内に侵入できるようになっている。敵兵が使っていた通常梯子からではなく、シャフト内から1階へ移動(最初の部屋は地下)。やはり1階の換気口から付近を通る敵兵をレーザーで狙撃していくという前回同様の流れ。敵の数は前回と同じくらいだろうか。結構多いので接近戦時にはちゃんと遮蔽物にカバーしながら戦わないとヤバい展開になる。1階にはアーマーバッテリー補充ボックスが設置されているので光学迷彩を使いまくる手もいい。掃討したら収集データを探索&回収。1階に入ってきたときの反対側のシャフト換気口から2階へ。2階は実験設備のような器機がずらりと並んでいる。ここで地球外生命体を実験していたのか?敵兵どもを掃討したら収集データを探索&回収。この先必要となるアクセスカードを持っている職員の遺体があるので拾っておこう。これ見よがしに握りしめている様は笑える。ここでも入ってきたときの反対側のシャフト換気口から3階へ上がる。最上階である3階に到着。敵兵の姿はない。”生体隔離温室”と書かれた部屋がいくつかある。さっきのアクセスカードで扉の端末にアクセスし室内に足を踏み入れる。室内は屋外環境が再現されており、地球外生命体の卵がそこかしこにある。慎重に先を進んだ方が良さそうだ。この部屋で地球外生命体の生態を観察していたんだろうな。温室の中にいるには卵だけではなかった。ミッション2に登場したものよりもさらに大きいサイズの地球外生命体がうろついていたのだ。1人でのこのこやってきたことに初めて後悔する…。素通りすることも出来そうだったが後で背後を突かれるのも困るので処理することにした。遠距離からマシンガンで撃ち込み接近戦ではショットガンを撃ちまくる。接近時こちらに攻撃してくる際、大きく上体を振りかぶってくるのでその時が狙い時だ。回復薬いっぱい貯めておいてよかった。温室はいくつかのゾーンに分かれており、木々が生い茂るゾーンではミッション2に登場したものと同じタイプの地球外生命体が闊歩していた。こいつらは飛び跳ねる動きをする上、遠距離から酸を飛ばしてくる。さっき遭遇した奴が大型タンク系とするならこいつは中型スピード系といったところか。酸を飛ばす直前にする硬直が狙い時だ。荒地ゾーンでお目当ての生存者を発見。ぼっちでうずくまっている。最初発見したときは屈んでこちらを狙っているように見えたので思わず撃ち殺してしまいゲームオーバーになってしまった。話しかけると後ろを着いてくるので、2階奥のEXITと書かれた扉まで連れていけばこのミッションはクリアとなる。あらかじめ付近の地球外生命体は掃討しておいた方がいいかも。次回、まだまだ続くよコブラストローク作戦。

関連記事

  1. 攻略情報

    Staxel シングルプレイ日記9

    前回からの続き。快適通販生活が止まらない。エミリアさん切望のパ…

  2. 攻略情報

    「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」パズルウェポンの真の力を開放させる…

    もはやパズルゲームというくくりでもいいんじゃないか、と思わざるを得ない…

  3. 攻略情報

    Staxel シングルプレイ日記7

    前回からの続き。村人オスカーからまたゴミ掃除を頼まれた。ホウキ…

  4. 攻略情報

    Staxel シングルプレイ日記12

    前回からの続き。ゲーム開発に勤しむジェイミーが大金を投じ、新た…

  5. 攻略情報

    「Venom. Codename: Outbreak」ミッション2

    ミッション1からの続き。ミッション2"Cobra Stroke"…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。