雑記

【W杯便乗企画】GOG.comで遊べるサッカーゲーム

ロシアで行われている2018FIFAワールドカップで日本代表の決勝トーナメント進出が決定し、大いに盛り上がっているこの勢いに便乗して”GOG.comで遊べるサッカーゲーム”を紹介してみたいと思います。

VR Soccer ’96

家庭用向けとしては世界初となるフル3Dグラフィックを採用したサッカーゲーム。業務用も含めると、94年稼働開始のセガの「バーチャストライカー」が世界初の3Dグラフィックのスポーツゲームとなります。「VR Soccer ’96」は「Actua Soccer」という名でも知られMS-DOS、プレイステーション、セガサターンでリリースされました。北米だとVR Soccerという名称になるようです。

90年代を代表するスポーツゲームシリーズActuaシリーズの一発目で、当時 EA Sports とライバル関係でしたが開発元の Gremlin Interactive が Infogrames (現Atari)に買収されシリーズは終焉を迎えました。EA Sportsの「FIFA」が当時パスとシュートしか無かったことに対して3つ目の要素として導入したボールコントロールと、切り替わるカメラアングル、リプレイ機能が大きな特徴。44ヵ国のチームがラインナップされていますが、ライセンス契約などはしていないため実名選手は出てきません。しかし開発にはイングランドのシェフィールド・ウェンズデイFCの選手たちがモーションキャプチャーモデルとして協力していました。本作はマルチプレイに対応しています。

VR Soccer ’96 ストアページ

Sensible World of Soccer 96/97

現在もカルト的なファンを抱える「Sensible World of Soccer」の96年アップデートタイトルとしてAmigaとDOS向けに登場。高機能なマネージメントシム要素が備わっており、世界中のプロサッカーのシーズンデータと1,500チーム、27,000人の選手のデータを収録。全世界規模のプロサッカーを包括した初のサッカーゲームでもあります。「Sensible World of Soccer」は2007年に各界著名人による「The 10 most important video games of all time」に選ばれています。本作はGOG.comでのみ販売中、シングルプレイ専用です。

Sensible World of Soccer 96/97 ストアページ

Sensible Soccer 2006

Sensible Soccerシリーズの7年ぶりとなる復活作としてWindows、PS2、Xbox向けに登場。頭部が大きいデフォルメされたキャラクターモデルが印象的。ゲームの方向性がマネージメントシムからアーケードスタイルへと変更されました。AIの出来がイマイチとされるが、様々な要素を改善する非公式パッチがあるそうです。本作もダウンロード販売はGOG.comのみとなっています。

Sensible Soccer 2006 ストアページ

Sensible SoccerのオリジナルデザイナーJon Hare氏はSensible Soccerの精神的後継作「Sociable Soccer」をSteamでアーリーアクセス作品としてリリースしています。

“GOG.comで遊べるサッカーゲーム”、以上の3作品となります。え?少ない?物足りない方はぜひワールドカップをご覧ください。それでは4年後にまたお会いしましょう!
あっ、来年は女子ワールドカップがありますね。

関連記事

  1. 雑記

    お伝えしたいGOG.comの良いところ

    『GOG.com』はPCで遊べるビデオゲーム・映画を販売するプラットフ…

  2. GOG.comの使い方

    GOG Coversを利用して名作を永久保存

    GOG.comで購入したDRMフリータイトルを皆さんはどのように保管し…

  3. 雑記

    Mod DB クリエイター陣が提供する開発者向けMods API「mod.io」

    Mod関連やインディーゲームなどを包括するウェブサイト「Mod DB」…

  4. GOG.comの使い方

    GOG.com最大の特徴「DRMフリー」とは?

    ※この記事は「DRM」と「DRMフリー」の対立を煽る意図は全くありませ…

  5. 雑記

    波及するRed Shell騒動

    最近redditを中心に騒がせているのでご存知の方もいらっしゃるかもし…

  6. 雑記

    日本が誇る地下ダンジョン!?『大谷資料館』に潜ってみた

    7月某日、栃木県は宇都宮市にある『大谷資料館』という所に行ってまいりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。