『TactiCon 2023』のラインナップをチェックしてみた

現在Steamで行われてるHooded HorseとFiresquid共催のストラテジー・タイトルの見本市「TactiCon 2023」。多くの魅力的なタイトルのLiveやデモ版が公開中です。どんなタイトルが出展されてるのか覗いてみたよ。

デッキ構築型の宇宙戦艦バトル『Breachway』

デモ版あり

今回のTactiConでデモ版を初披露。プレイしてみました。

星系をすごろくのように旅していき、敵船とコンタクトすることでバトルが始まります。戦艦の火器やバリアといった装備類がカードになっており、配られた手札を出すことでアクションを選択します。

火力や防御力といった3種のリソースへのポイント分配など、デッキの構成以外にも戦術に影響を与える要素があり、多様なシナジーを感じさせてくれるカードゲームでした。これは期待大!

タクティカルなターンベース『Mars Tactics』

デモ版あり

デモ版をプレイしてみたところ分隊ベースのコンバット・シミュレーションといった内容でした。

本格的な戦術要素が備わっており、制圧射撃で敵にプレッシャーをかけたり、グレネードで吹っ飛んだ地面をカバー地点にできたりと、複雑で高度な戦闘システムを体験できます。その反面、ゲームの習熟に時間がかかりそうなタイプだと思いました。噛み応えが凄そうな印象です。

雰囲気がよくわかる公式トレーラー

宇宙戦・地上戦どっちもある『Fragile Existence』

デモ版無し

星々を旅して資源を探し、コロニーを建設するサバイバルSFストラテジーとの事。

プレイヤーは宇宙艦隊を指揮し、惑星に基地を建てていくようです。宇宙戦と地上戦どっちもあるため、とにかくスケールの大きなストラテジーゲームになりそうです。

上のプレイ動画では惑星に辿り着いた艦隊がローバーや機材を地上に投下し、プレイヤーがそれを直接操作し基地を建設する様子が収められてます。宇宙視点と地上視点を垣根無しでズームイン/アウトできるのがたまらんですね!

タワーディフェンス『No Creeps Were Harmed TD』

デモ版無し

Clanfolkを手掛けるMinMax Gamesが今年第3四半期リリースを予定してるタワーディフェンス。

最近TDしてないなと思いながら何気なく開発者様のLive動画眺めてたんですが、縦にも横にも配置できる立体的なステージにシビれちゃいました。侵攻ルートをイジれるタイプのTD、私大好きでして。うおー!久々にTDやりてぇ!

4分プレイ動画

ステルス+ストラテジー『Shadow Gambit: The Cursed Crew』

デモ版無し

Shadow TacticsとDesperados 3を手がけたMimimi Gamesの最新作。恒例のコマンドスライクなステルス+ストラテジーのようです。今回はセルフパブリッシングの模様。ひゃっほう日本語ありだぜ!

カリブの海賊がテーマでしょうか。過去2作よりもファンタジー色強めですね。能力が異なる8人のメンバーの中から好きな組み合わせでミッションに挑めるとの事で従来よりも攻略の自由度が高まったように見受けられます。そこが期待したいところでもあるし同時に心配なところでもあります。

公式プレイトレーラー。日本語字幕もあるよ

開催中のTactiCon2023では他にも多くのタイトルが出展中。そしてセールも行われてます。気になるものだらけで目移りしちゃう。開催期間は5月15日まで。