GOGJ

古今東西のゲームに興じるブログ

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#27 【Fatesworn編】

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#27 【Fatesworn編】

キングダムズオブアマラー: リレコニングのDLC 『Fatesworn』のプレイ日記。
ネタバレ注意!

アマラー各地に現れた混沌のポータルの攻略ができるように。これをクリアしていけば混沌の武器の作成に必要な「混沌の核」が手に入る他、ツイスト・オブ・フェイト「混沌の奴隷」が強化される。

これは…オブリの門!?

混沌のポータルに入るにはまずその周囲に隠された複数の混沌の裂け目を閉じる必要がある。この作業がいささか怠いところではあるけど、混沌の視界スキルをマックスまで上げておくと常にマップに表示されるので探し出す手間が省ける。

アマラー各地に全25箇所出現した混沌のポータル

メインクエを進めるとセージクラフトや錬金術で混沌系のジェムやポーションの作成もできるように。エピックジェム作成に混沌のシャードを絡めると、被弾時の属性反撃効果を得られますよ。

「合成の書」を手に入れるメインクエでは、シンダーピットに入ったときにやったパズルと同じものが出てくる。ヒントは図書館の地下牢にある死体のメモに書かれてるが、具体的にはパズルと同じ部屋にある本棚内の「目立つ色の本」の数に注目すればOK。

リエナとアイヴァンのサイドクエストを進めていくと、運命なき者である主人公を崇める教団を設立することに。寺院を再建すると「縛られざる祭壇」を使用できるようなる。これ、調べる度にフェイトゲージが満タンになる凄い祭壇です。

縛られざる祭壇

メインクエをテログラスとの決戦前まで進めると伝説の防具、フェイトスウォーン装備一式が揃う。これを全部装備すればテログラス寺院の中へ侵入できる。寺院内で他の装備に着替えようものなら強制的に死亡してしまうので注意。テログラスとはフェイトスウォーン装備と混沌武器を装備した上で対峙するべし。

フェイトスウォーン フル装備

ちなみにフェイトスウォーン装備の効果で、魔法ブロック&スローモーション効果を伴う障壁を発生させるというものがある。この障壁の中では敵がスローモーションになるし飛んできた魔法を打ち消すことが可能。かっこよい。

フェイトスウォーンの障壁

テログラスは広範囲技やテレポートを多用してくるが見切るのは容易いため確実に攻撃を当てていけば勝てるでしょう。スカルド姐さんも助太刀してくれます。

テログラスを倒し、クラウンホールドを開放したらコレット楽団のサイドクエスト「準備」を開始できるのだが、私の場合なんとバグに遭遇してしまいそのクエストが更新されず進行不能になってしまった。しかもアクティブにしてなくても画面左にずっとクエストの指示が表示される。再起動しても治らない。こりゃ参った😂

気を取り直してFateswornのエピローグクエストへ進んだ。運命なき者は皆と別れを告げアマラーを離れて新天地へ…という結末だった。

このDLCは本編終了後のストーリーにあたる内容だが、後日談に相応しい内容だった。運命なき者がアマラーを救ったことによる悪影響、そしてそれを鎮圧し、因果を狂わす存在であるがゆえ最終的にアマラーの外へ旅立つ、という結末。キングダムズオブアマラーの物語はこれでようやく終りを迎えたんだな…と感慨深くなってしまったと同時に、今後も道は続いていくかもというわくわく感も感じられる良いエンディングでした👍

これまでも触れてきた通り、Fateswornは総じて丁寧さが伝わる素晴らしい追加コンテンツだった。新要素を始め、マップ構造や各クエストに本編以上に力を入れてるのが伝わってきた。本編のエンディングまで到達したプレイヤーはこっちもぜひプレイしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。