Kenshiログ #2

『Kenshi』のかんたん絵日記。

スクインという街へ行ってみた。
今回は誰にも襲われることなく無事到着。入り口で憲兵に職質された。

いろんな店があって賑わってる。ハブとは大違いだ。

金がそこそこ溜まってたのでシュクのソトさんを3,000cで仲間に引き入れる。ぼっち卒業。

舞い上がった結果、防具屋で盗みを働きお縄。
一男は憲兵にぶたれたダメージがデカすぎたのか投獄される前に絶命してしまった。

そんな…一男…どうしてッ…!

一男の最期の姿

しかしまだソトが残ってる。なんとか脱獄したいところだがピッキングスキル0のせいか成功率うんぬん以前に錠開けのアクションが起こせない。

しゃーないので刑期満了まで耐える。

シャバの空気を吸いつつバーで懲りずに盗みを働く。
盗んだ水と小麦粉を使い、カマドでパンを焼こうと思いついたからだ。

焼けたパンをインベントリに入れようとしたら周辺の奴らにボッコボコ。
えっ…このパンは私が焼いたんやで!? 盗んできたわけちゃうで!? (材料は盗んだ)

この場合カマドは他人の所有物だからその中身を盗るとアウトってことか?
…再び投獄。

今度は牢ではなくポールに両手を結び付けられるスタイル。今回はピッキングできるので脱獄を画策。

でもやっぱ見つかっちゃうよね。また投獄される。
脱獄はやっぱ厳しいかー。しゃーないのでピッキングスキル上げながら服役。

出所し再びバーへ行くと店主は何も売ってくれなくなっていた。
今後は真面目に生きようと決意。(なるべく)

その後、銅掘りでおこづかいを貯め、旅行用品店でバックパックや地図等の便利グッズを購入。
バーでメシを買えないので再びハブへ戻る。

~つづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。