GOG.comの使い方

GOGのDOSBox作品がクラウドセーブ対応

GOGで配信されているクラシック作品の多くでは、MS-DOS環境を再現するエミュレータであるDOSBoxが使われています。これらDOSBox作品がクラウドセーブに対応しました。

多数のクラシック作品配信を特徴とするGOGと長年協力してきたDOSBoxチームのおかげで100以上もの作品を対応できたとのこと。クラシック作品のクラウドセーブ対応はゲーミング体験の向上に繋がるステップの1つであると説明しています。

クラウドセーブ実行にはGOGが提供するGalaxyクライアントが必要になります。DOSBox作品のクラウドセーブ対応は今後もその数を増やしていくそうです。

以下は現在GOGで行われているスプリングセールの対象となっているクラウドセーブ対応のDOSBox作品の一部です。

  • Alone in the Dark: The Trilogy
  • X-Comクラシックシリーズ
  • Wing Commander 3
  • Dungeon Keeper Gold
  • Sid Meier’s Colonization
  • Heroes of Might and Magicシリーズ

商品ページ右側の「Game features」の欄に「Cloud saves」という表記があればクラウドセーブに対応している作品だと確認できます。

 

参考・情報元 https://www.gog.com/news/dosbox_games_now_with_cloud_saves

関連記事

  1. GOG.comの使い方

    GOG.com最大の特徴「DRMフリー」とは?

    ※この記事は「DRM」と「DRMフリー」の対立を煽る意図は全くありませ…

  2. GOG.comの使い方

    GOG Galaxyの機能まとめ

    GOG.comで購入した作品はDRMフリーなのでとくに制限なく遊べます…

  3. ニュース

    GOG.comでXenonauts 2 デモ配信開始

    先日まで行われていたGOG.comのサマーゲーミングセールでの期間限定…

  4. ニュース

    HyperがCyberpunk E.P.リリース

    昨年のE3でお披露目された「Cyberpunk 2077」トレーラーで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

Twitter でフォロー

記事カテゴリー

アーカイブ

人気の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。