GOG フェアプライスパッケージプログラムが3月末で停止

GOG.comの特徴のひとつでもあった「フェアプライスパッケージ」プログラムが現地時間3月31日で終了となる旨のアナウンスがされました。

「フェアプライスパッケージ」(以下FPP)とは、ゲーム購入時における各国間での価格差を解消するために、これまでGOGが実施していたプログラム。販売者側の都合により、ゲームの価格が国ごとに違うケースがあり、そういった際の購入者に不公平感を与えないための措置です。

具体的にはUSドルでの販売価格を基準とし、それよりも高額で購入した場合、差額分の金額がGOGウォレットを介して返金されるという仕組みでした。

そんなユーザーフレンドリーな施策を終了させるに至った理由についても触れています。それは、コスト面においてFPPを維持できなくなったため、ということ。

その原因はGOGストア収益の”販売者側の取り分”を増やしたため。そのためGOG側の収益が減り、FPPを維持するためのコストの捻出が難しくなった模様。

GOGは詳細については語ってはいませんが、タイミング的に最近Epic Gamesストアの台頭で話題になった”ストア販売における販売者側の取り分”問題にメスを入れたとみていいでしょう。Epicストアに倣ってGOGでも販売者側の取り分を従来より引き上げたようです。

そこで心配になるのが、GOGおよびCDPRの台所事情。GOGコミュニティ掲示板では財務状況を不安視する声に対し、心配する必要はないとコミュニティマネージャーさんが応答していますが、たしか私の記憶ではGOGは大手ゲームストアのわりに、え?こんなもんなの…?みたいな売り上げ本数(以前何かで見た)だったような気がするので一抹の不安がよぎります。だってずーっと続けてきたFPPを中止って大ごとですよ?

GOGの行く末は今度の決算報告で明らかになるかも…?

 

参考・情報元 https://www.gog.com/news/conclusion_of_the_bfair_price_packageb_program

“GOG フェアプライスパッケージプログラムが3月末で停止” への 2 件のフィードバック

  1. うーん。本家のサイトも見てみましたが、イマイチ何が変わるのか分かりませんねえ
    GOGとは数年来の付き合いですが、今まで返金されたことが無いのです。(まあ、自分がウォレットを作っていないからかもしれませんが)
    おそらくですが、日本からの購入には影響ないのでは?と、根拠の無い予想をしてます。

    それよりもサイト運営が厳しいのか?ってのが気になりますねえ。まあ、最悪の場合でも、常時認証みたいに全くプレイできなくなる。って事は無いのでその点は安心ですが、でもでもGOGが無くなるのは嫌だーーーー

    これはやはり、セールばかり狙っていてはいけない。という天の啓示なのでしょうか・・・でも自分、貧乏なんで・・・

    1. たしかに日本だとあまり関係ない話ですね。アルゼンチンさんみたいなインフレが凄い国だと影響あるかもです。

      GOGが無くなるようなことはないとは思いますが、海外メディアがリークした財政悪化による従業員解雇の噂もあるし、懸念事項があるのは間違いなさそうです。

      最近バトルロイヤルものをはじめ、ビッグタイトルにゲーマーが集中してるせいか来客数が減少傾向なのかもしれませんね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。