『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#20

前回からの続き。エンディングへと繋がる重大なネタバレを含むので御注意を。 クルリコンからアラバストラへ進むにはハウス・オブ・プライド最強の番人キャリス・ドレンを倒し、ハウス・オブ・プライドの砦を抜けなくてはいけない。しか…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#19

前回からの続き。ネタバレ注意! マイト(近接戦闘クラス)系にリビルドしてからというもの、今までと違った戦闘スタイルのおかげでゲームプレイに新鮮味を加えることが出来た。 ソーサリーだった頃はなるべく敵との距離を空け、とにか…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#18

前回からの続き。ネタバレ注意! デティアの人々と出会い、様々なクエストに励む。 サマーフェイの一派サークル・オブ・エンガードの異変調査に協力したり、鉱山採掘事業を営むモータス・マイニング社の鉱山所有権を巡る諸問題、ホワイ…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#17

前回からの続き。ネタバレ注意! フェイランド南に広がる荒野、デティアの探索を始める。 ハウス・オブ・バローと呼ばれる場所を見つけた。ここではデュエリスト達を闘技場で戦わせる興行が行われており、それにあやかろうとする商人や…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#16

前回からの続き。ネタバレ注意! たまにはアルカナ大学の派閥クエも進めていこう。そうしよう。 一級魔道士イーサン・エンガーから頼まれていたメル・アグラーでの村人失踪事件を解決した。死霊術師が亡き妻を蘇らせ、村人の死肉を食ら…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#15

前回からの続き。ネタバレ注意! 海を渡りメル・センシア要塞に到着した。 オウェイグリン司令官から話を聞いたところ、ツアサに包囲されているメル・センシアは瀬戸際でなんとか持ちこたえているといった様子だ。いくつかの情報と作戦…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#14

前回からの続き。ネタバレ注意! エラセル平原東方の港町ラシーアへ到着。この都市は地下・下層・上層の3層構造になっている。港は民間の港と軍港に分けられている。 地下には貧困層が住んでおり、下層には酒場や商業施設が、上層には…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#13

前回からの続き。ネタバレ注意! エラセル平原ウォルズにあるエラセルという町に立ち寄った。そこで歌うたいのネルという女性からエラセルサークルというものの話を聞く。 エラセルサークルとは”風音石”とい…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#12

前回からの続き。ネタバレ注意! これまで魔道士系の育成で進めてきてるわけだが、その点において避けては通れない(ロールプレイ的な面で)と思っていたのが”魔道士ギルド”。このゲームでは『アルカナ大学』…続きを読む続きを読む

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#11

前回からの続き。ネタバレ注意! ハウス・オブ・バラードの派閥クエが佳境に入ってきた。 白のハラムは語る。ハウス・オブ・バラードの”最後の騎士”としてこれから先の物語は己自身で語るべし。そう、それは…続きを読む続きを読む