コロニーシム『King under the Mountain』がオープンソース化されていた

ふと思い出して「King under the Mountain」をチェック。何年も前にGOGJで紹介し個人的に期待してたリムワールドライクなコロニーシムだったのですが…Steamストアから消滅してました。

経緯を調べてみたところパブリッシャがリリースしないことを決定し開発会社Rocket Jump Technologyは開発継続ができなくなってしまったようです。幸いにもコードやアセット含む権利関係は全てRocket Jump Technologyへ渡ったものの、資金面の問題から「Mountaincore」という別タイトルとしてリローンチされることになりました(昨年Steamで早期アクセス開始済み)。

Mountaincoreのトレーラー

ところがそのリローンチも不発に終わりフルタイムのスタッフが一人もいなくなったRocket Jump Technologyは開発を進めるのが困難に。今後のアップデートも保留の状態のようです。
※2024/1/12 Steamスレッドにてアナウンス

そこでRocket Jump Technologyが保有してる「King under the Mountain」がオープンソース化されました。現在GitHubで公開されており(GitHub – rossturner/king-under-the-mountain: A simulation-based strategy game written in Java using LibGDX)MITライセンスを利用してるため基本的に改変自由、商用利用もOKです。

「King under the Mountain」を巡る紆余曲折は気の毒ですが、意志を継ぐ方が現れれば少しは報われるかもしれません。興味ある方はGitHubページを覗いてみてはいかがでしょうか。