Colony Ship プレイログ #8

前回の続き。

メインストリートの女医Sarahから受けたクエストを進めよう。インプラントの取引相手Jimmyに会うためキャンプタウンのアジトへ向かう。

そこには人間の頭部3つがテーブルに置かれてた。どれもインプラントが埋め込まれてる。ここでインプラントについて判明してる事をまとめよう。

  • インプラントの製造技術はすでに失われてる。
  • インプラントは埋め込んだら最後、手術で取り除くことはできない。
  • インプラントを手に入れるには人の死体からもぎ取るしかない。

Biotechスキルレベル2以上で各頭部の損傷の程度をチェックできる。眼球は損傷してるけどデータジャックは機能してるとか。その具合を見てどの頭部のインプラントを持ち帰るか決めることになる。

一番程度が良好なものを選ぼうとしたそのとき、Jimmyの仲間達がぞろぞろと部屋に入ってきた。「こんなレアもん渡す気はないが、それでも欲しいってんなら分かってるだろうな?」そういうJimmyの脅迫と見た。渡す気がないなら最初から並べておくなよ!

こちらは2人、相手は5人。うん、勝てるわけない。ちくしょう世知辛すぎるぜコロニーシップはよぉ…。

しょうがないので他2つのうちの1つを選びSarahに持ってくことに。数ブロック歩いただけで報酬欲しがるんか、と信じられない文句を言われながらも報酬として治療キットをゲット。持ってきたインプラントも900cで売ってくれると言う。高っけえ…いつか着けたいけどな。
【クエスト完了】Little Shop of Horrors

目下の問題、Pitの支配者Jonasを巡る騒動を進める。渦中の人物Jonasの元へ行く前に少し整理しておこう。

  • Pitの支配者JonasのAbeに対する取り立てが度を越してた。
  • Pitで現在警備担当として雇われてるRegulatorsのボス BraxtonはJonasのやりすぎに反感を抱いてる。
  • Braxtonは公に反抗できないため、代わりに主人公に反Jonasの声を上げてもらいたい。

というわけでJonasの拠点である娼館Promised Landへ赴く。Jonasの部屋では主人公の幼馴染Samuelと出会える。現在はJonasの右腕として働いてるそうだ。

さぁ、いよいよJonasと対峙。鼻息フォーン!「お前Abeちゃん消そうとしたろ!一線越えちまってんぞゴルァ!」

ところがJonasと話を進めていくとどうも話が噛み合わない。Jonasが取り立てに送った者達と実際にAbeの店に来た者達の特徴が合致しないのだ。

Jonasは勘付いた様子。これは…Braxtonに一杯食わされたということだろうか?

つまり現在のシチュエーションを作り出すためにBraxtonが取り立て屋をすり替えた可能性があるということ。主人公をダシに使い間接的にJonasを排除しようと目論んでいるのかもしれない。つまりBraxtonの目的はPitの乗っ取り?

イイ奴だと思ってたがとんだ策士だったかBraxton。いや待て、そう思わせるためのJonasのブラフの可能性だってある。

Jonas「で、お前はどっちにつく?」

おいおい、序盤でこんなサイコロジカルな揺すぶり仕掛けてくるとは参っちゃうぜコロニーシップ。真偽を見抜く秘訣は”そいつの言ってることではなくやってることを見ろ”とよく言うが、にしても判断するには情報が少なすぎる。

ここは直感、Braxton嘘つき説を通してみますか。

というわけでRegulators排除計画をJonasと練ることに。 こちらは数で劣るためBrainwave Disruptor(脳波撹乱装置)という怪しげなツールを利用させていただく。
【クエスト完了】The Crossroads

Brainwave Disruptorの入手方法を聞きにガジェット屋のColeの元へ。

Brainwave DisruptorはColeが持っていた。だが中身のコアが無いらしく使い物にならない状態。Isaiah Davisという者が持ってるが売ってくれないそうだ。彼に会うためキャンプタウンに向かおう。
【クエスト発生】Ace Up Your Sleeve

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。