Colony Ship プレイログ #5

前回の続き。

自宅のすぐ側にLockpickingのトレーナーがいた。彼に200c支払うことでスキルレベルが1上がる。その近くにちょうどLockpickingレベル2で開けられるチェストがあるので中身をいただく。チェストにはマルチバレルのピストルや足防具、フラッシュバンが入ってた。ありがてぇ。

付近を探索してると屯してたジャンキー2人組に絡まれた。

ジャンキー「ここを通りたきゃ50c払え」

私「ファッコフ」

初バトル突入。

初期地点を決めてから戦闘開始。敵にカーソルを合わせた状態でALTキーを押すと詳細な情報を確認できる。

さぁ、俺のバールで木っ端微塵にしてやんよぉ!

…3ターン後、袋叩きにされて敗北。

うすうす気づいてた。ほんとは大人しく金払うか交渉スキルで切り抜けるのが正解なんだって。でもこんなクズどもに屈するなんて嫌すぎたんだ。

セーブデータをロード。ジャンキー2人組は無視することにして目標地点であるバーWhiskey Jackに向かう。逃走ではない、無視だ。

バーのマスターJackに話しかけると貸付金の回収を頼まれた。
【クエスト発生】Debt Collector

  • 金を貸してる相手の名はJed。
  • JedはCamptown(Pitメインストリートの隣の区画)に居るらしい。

同じくWhiskey Jackに居る目当ての人物Tannerに話しかける。Tannerは兵器工場の第2階層へ入るためのA2カードキーを所持していた。
【クエスト更新】The Holy Grail

  • 先の内戦で反乱軍は第1階層までは制圧できたが、そこから先へは防衛設備が行く手を阻んでいる。
  • スカベンジャーにとって第2階層へのカードキーは聖杯のようなもの。
  • A2カードの元々の所有者はUlysses Colton 技術士官。
  • Ulysses Colton 技術士官が所持していた壊れたエネルギーピストルとA2カードキーをTannerから貰う。
  • A2へ行ってみてほしいと頼まれる。

兵器工場にはオートタレットなんかが配備されてるらしい。そんな危険なところへ行くのは御免こうむりたい。せめて仲間がいないと。するとTannerからEvansを連れて行くといいと助言を授かる。おお、仲間欲しい欲しい!
【クエスト発生】Neighbourhood Watch

EvansがいるというAbeの店へ赴く。憂いを帯びた表情のイケメンEvansはここでAbeの用心棒をやっていた。

  • 店主AbeはPitを牛耳るJonasからの徴税を拒んでおり嫌がらせを受けてる。
  • Jonasのところのチンピラが来るので協力してほしいとEvansに頼まれる。

その後チンピラ2人組が取り立てにやって来た。

私、間髪入れず「Kill’em」

2vs2でバトルスタート。ライフルとピストルに多少秀でるEvansはTouugh BastardのFeatを取得済み。ステータスはPERが9と高めだが他は平均6程度となってる。

主人公にはバールでぶん殴っていただきたいので敵に肉薄させ、Evansにはカウンターの陰にカバーさせてチマチマ撃ってもらう作戦で進める。Evansのライフルは装填数1発なので撃つごとにリロードが必要だしミスると虚無感に襲われる。

攻撃の際、Aimedアタックで敵の身体の各部位を目がけて攻撃するとそこに応じたデバフを与えることができる。足に当てると回避が低下するとかそんな具合。

近接狙いだと難易度が高くなる気がする。近接攻撃を当てようとすると移動せざるを得ないが、敵さんのリアクション範囲内に捕まってると下手な移動は致命傷に繋がってしまう。近接よりも遠距離メインの方が有利に事を運べそうだが、そこらへんも運用次第なんだろう。バトルは考えることがいっぱいあって1ターン1ターンが楽しい。

フロントに出した主人公がかなりピンチだったが2人のチンピラを倒すことに成功。戦闘中の行動で何かひとつでも判断ミスしてたら勝敗が逆になっていたかも。そんな危うさを孕んだ緊張感あるバトルだった。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。