『Conquest of the New World』プレイ感想

最近ちょっと前にいじった『Conquest of the New World』を再プレイした。
どんなゲームかと言うと、16~7世紀あたりの植民地時代をコンセプトとするターンベースストラテジーで、96年リリースのDOSゲーとなる。
イギリス、スペイン等のヨーロッパ諸国もしくはネイティブアメリカンからプレイ勢力を選択。未開の地にユニットを上陸させ、探索、入植、戦闘を進めながら新天地の支配権を巡る競争を行う。母国からの独立、ネイティブ部族達と同盟を結ぶといったことも可能だ。 …

【GOGウィークリーレポ’21】3/21~3/27

GOG.comストアの動きを毎週レポート。
記載の日付は全て現地時間に準拠しています。3/21 ストア更新なし
3/22 ▫大型セール スプリングセールがスタート。4/5まで。
Mad Max 配信開始アクション/ オープンワールド日本語字幕あり $19.99 Raji: An Ancient Epic 配信開始アクション/ ADV日本語なし $24.99 Travellers Rest 配信開始(早期アクセス)シミュレーション/ ADV日本語字幕あり $14.99…

『Endzone – A World Apart』GOG版は日本語実装されず

3月18日、早期アクセス中だったサバイバルシム『Endzone – A World Apart』が正式リリースを迎えたわけなんですが…。
もともと私、Endzone早期アクセス版リリース時にGOG版を購入したんです。その時ある異変に気づきました。というか購入前にストアページを見た時点で気づき、それを確かめるためにも購入したんです。その異変とは「Steam版にあるはずの日本語字幕がGOG版には無い」ということ。
ストアページの不備かと思ったんですが、ダウンロード時の言語選択で日本…

GOGスプリングセール2021開催

春のゴッグ祭り開催🌸 花粉舞い散るシーズンをゲームで引きこもって乗り切るんだ!
今回の大型セールは3,000本以上のタイトルが対象、最大92%オフとなる。Xcom2が92%オフだね。日本時間4月5日PM10時まで実施。
無料配布やフラッシュセール といった催し物は今のところ無し。訂正: フラッシュセールやってました😓3/30追記: 「XIII (旧版)」48時間限定無料配布開始
一部のタイトルはカテゴライズされてまとめられているので貼っておきます。
【クラシ…

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』ビルド探求メモ

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』に用意されている様々なアビリティの中から、これはぜひとも組み込みたいと思った使い勝手が良くて優秀なアビリティに使い方のアイディアを添えていくつかの系統に分類してみました。キャラクタービルドの参考にしていただければ幸いです。使えなかったらごめんなさいね😓
また、3年程前に発足されたKingdoms of Amalur: Reckoningの海外ファンサイト「Amalur Sanctum」にブラウザ内でアビリティツリーの疑似…

【GOGウィークリーレポ’21】3/14~3/20

GOG.comストアの動きを毎週レポート。
記載の日付は全て現地時間に準拠しています。3/14 ストア更新なし
3/15 ▫ウィークリーセール スタート。テーマは「天気に左右されないゲーム」。
Aground 配信開始アクション/ ビルディング日本語なし $14.99 Surviving Mars: In-Dome Buildings Pack 配信開始DLC日本語なし $4.99 3/16 Narita Boy ストア追加(3/30配信予定)アクション/ プラットフ…

古代中国4X『Oriental Empires』越で森の民プレイ

前回少し触れた”越”でプレイしてみた。実際の地理を模したグランドキャンペーンモードで難易度はノーマル。
先に結果から記すと、蜀とか言う田舎もん風情が(人のこと言えない越民)文化勝利を収め、勝負では負ける格好となった。しかし非常に充実したプレイスルーだったため大満足。密林地帯である南部を開拓していくのがめちゃくちゃ楽しかったのだ。
思うように進まないジャングル探検を経て、かろうじて見つけた隙間に入植する。そして民草に過酷な労役を課し森を開拓し、必死の思いで田畑を増やし交易路を構築…

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#22

前回からの続き。ネタバレ注意でございます。
引き続きデッド・ケル伝説を進めていく。というかこれを執筆時点ですでにクリアしてしまっているため、デッド・ケル伝説の総ざらいをしてみる。
まずは新たに所有できる新居、グレイバル砦の拡張がとても面白い。最終的に前回紹介した施設以外にも様々な施設が利用可能になったのでざっとまとめてみた。
商店 家畜小屋 – ペットの飼育。餌をやることで主人公のステータスが上昇。 演習場 – モンスターと戦闘できる。 難破船サルベージ – 派遣先か…

【GOGウィークリーレポ’21】3/7~3/13

GOG.comストアの動きを毎週レポート。
記載の日付は全て現地時間に準拠しています。3/7 ストア更新なし
3/8 ▫ウィークリーセール スタート。テーマは「インディータイトル」。▫日本ファルコム製品対象のパブリッシャーセール スタート。
3/9 Stronghold: Warlords 配信開始RTS/ 歴史日本語音声/字幕あり $39.99 3/10 ▫ミッドウィークセール スタート。テーマは「ホラー」。
Paradise Lost 予約開始(3/24…

古代中国4X『Oriental Empires』韓に敗北

前回イージーで圧勝してしまったため今回はノーマルで開始。勢力は呉を選択。やっぱ水軍が強めのようだ。
グランドキャンペーンのため史実通り、つまり現代の上海のちょい北辺りからスタート。川沿いに入植していき、舟での交易網構築を狙っていきたい。
そういえばこの作品、交易の具体的な範囲がよくわからない。交易施設を強化していけば交易範囲が拡大していくのは分かるのだが、具体的なヘックス範囲が不明瞭のため勘に頼るしかない。入植地選考の材料になる場合があるためちょっと困ってる。
探索を…

Kenshiログ #11

『Kenshi』のかんたん絵日記。
第2の故郷ハブへの恩返しのため開始した”ハブ再建大作戦”。
荒れ放題の建物をひとつひとつ買取り、地道に立て直していく日々。
ハブの酒場だけでは建築資材の必要数が全然足りないため、各地を転々としながら建築資材をかき集める。
そんな旅の道中で仲間も増えていった。シェクのカンとソトだ。
ある日、今まで訪れたことのないモングレルへ行ってみることにした。そんなに遠くないし。
フォグランド地域に足を踏み入れる。まん…

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』フェイランドの主要都市と派閥

キングダムズ オブ アマラーの世界を彩る主要都市と派閥をご紹介するよ。
-フェイランドの主要都市-
イーサ
至高王ティタリオンが統治するサマーフェイの王都。
下層にはサマーフェイの他、定命の種族の生活圏も広がる。
ラシーア
アルファーを始めとする定命の種族で栄える港湾都市。
上層は都市を運営する評議会や富裕層が暮らすエリアとなり、下層では多くの商店が賑わいを見せる。
地下ではスズメと呼ばれる貧困層が廃棄物回収で生計を立…

【GOGウィークリーレポ’21】2/28~3/6

GOG.comストアの動きを毎週レポート。
記載の日付は全て現地時間に準拠しています。
2日にリリースされたレトロタイトル復刻シリーズが凄いね。ZigguratはGOG並に頑張っておられる。レトロタイトルを続々復活させるその原動力は何なんだろう。その情熱に肖りたい。2/28 ストア更新なし
3/1 ▫ウィークリーセール スタート。テーマは「ターンベースストラテジー」。
X4: Cradle of Humanity DLC 予約開始(3/16配信予定)DLC日…

『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』運命日記#21

前回からの続き。ネタバレ注意でございます。
拡張コンテンツ『デッド・ケル伝説』に着手することにした。拡張コンテンツと言ってもRe-Reckoningには最初から組み込まれているので任意のタイミングで始めることができる。※レベル10以上から。
まずはラシーアの酒場で発端となるクエストスタート。ラシーア船団のギャリック提督から海賊の討伐任務を請け負う。
北方の海域フロストブレイク海でデッド・ケルという海賊が海域を通る船を沈めているとのこと。その海賊、一度海軍の手で始末され…

古代中国4X『Oriental Empires』初プレイ感想

古代中国文明を題材にしたターンベース4X『Oriental Empires』をイージーで初クリアしたのでその感想をば。
まず最初に開発スタジオに触れておきましょうかね。開発スタジオはShining Pixel Studiosというタイのインディー系のようです。率いている方は長年Total Warシリーズの開発に携わっていた方。歴史ストラテジーものに深い造詣をお持ちと見ていいでしょう。
古代の中国ってあまり見かけない舞台設定なのでずっと気になっており、やっと手にとったみた次第であ…

PAGE TOP