OW膝栗毛

【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第12話

オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!
ネタバレがございます。ご理解ある方のみお進みください。

前回までのあらすじ
なんとかドームシティに入れたジャックス一行。新たな仲間として魔法が得意な元バーサーカー、カーヤが加わった。

ELEX 第12話

分離派の悩み

ドームシティの一角ではアルブの分離派が身を寄せ合うように暮らしていた。そこの分離派のリーダー、フェンクと会話。なんでもドームシティ内の元バーサーカー集団からアルブのスパイ容疑をかけられており、このままではドームシティに居られなくなってしまうと焦っている様子。何とかしてほしいと頼まれたのでとりあえずバーサーカー達の元へ。バーサーカーのヨルグと会話。こいつがドームシティの外でフェンクアルブが会っているのを目撃し、そのことをバーサーカー集団のリーダー格ケイレブに報告したことが今回の案件の発端のようだ。ケイレブはそのことをクレリックにも報告したようで、疑惑を晴らせないと分離派は追放処分となってしまう。ヨルグと会話を進めると、フェンクが会っていたアルブは本当にアルブなのか確信が無く、ひょっとしたら分離派だったかもしれないと言う。全てはヨルグの推測にすぎないようだ。この件は勘違いだったとクレリックに説明してこいと俺はヨルグに迫ったが、ケイレブに怒られてしまう、と躊躇しはじめる。俺はケイレブに怯えるべきではないと忠告。ヨルグは目を覚ましたようでクレリックへの訂正を約束してくれた。ヨルグは後程、ドームシティを統括するクレリックアロイスに自分の誤った報告を訂正しに行った。虚偽の報告を行ったということでヨルグには処分が下るようだ。その後フェンクに報告。報酬を貰ったがこいつ本当にスパイだったらどうしよう…。

ケイレブと会話。バーサーカー出身ということもあって排他的な考えが強いようだ。俺がヨルグにやらせたことについてかなり怒っていた。

ドームのシールド

クレリックのエンジニアエリックと会話。ドームのシールドを生成するのに必要なエネルギーレギュレーターが不調らしい。俺も元アルブなので機械いじりの心得は多少ある。手伝いを申し出たところ修理自体はすでに終わっているらしく、後は再設置するだけだと言う。その担当者はルッツという者らしく、俺はそいつの元へレギュレーターを持っていくことになった。ルッツの元へ向かう途中アウトローのライリーに話しかけられた。俺とエリックの会話を聞いていたようで、レギュレーターを渡してほしいと頼まれた。何が目的だ?

ライリードームシティ内に漂う緊張感に危機感を募らせていた。派閥を抜けた者たちが集まっているとはいえ、出身が違えば考え方も違う。そのためいざこざは絶えず、アルブの襲撃という危険に常にさらされている状態なのだ。たしかに危機感を覚えてもおかしくはない。ライリーはレギュレーターをこっそり改造し、ドームシティ内で何かが起きた場合、外部へ脱出できるようにシールドの一部に”裏口”を作っておきたいというのだ。俺はOKを出した。ライリーから改造済みのレギュレーターを受け取った俺は予定通りシールドの担当者ルッツの元へ。レギュレーターを受け取ったルッツは異変に気付く。ライリーが施した改造が余程不自然だったのだろう。怪しむルッツにシラを切る俺。なんとか納得してくれたルッツはレギュレーターを設置してくれることに。だが、このレギュレーターを巡る一連の決断が後に事件の引き金となる…。

乞食の罠

ドームシティを街ブラ中、乞食に声をかけられ10シャード恵んでくれないかと懇願されてしまった。同行させていたレイが昔話をしはじめる。幼い頃兄弟で物乞いをしていたらしいが、恵んでくれた人たちがいてなんとか飢え死には避けられた、この乞食にもチャンスを与えるべきだと訴えてきた。レイには弟がいるようだな。まぁ別に10シャードくらいかまわん。乞食に恵んでやると礼を言われ、俺の気を引く何かがあるかもしれないので後日また来てくれと言う。後日再び乞食の元へ。こいつはまた金を要求してきた。こいつには仲間がいるようで、そいつらに投資すれば良いものが手に入ると言うのだ。はぁ…仕方がない。どうにも怪しいがこいつが本当のことを言っているかもしれない。俺は100シャードを渡すことにした。明日また来てくれと乞食は言う。

翌日、三度目の乞食訪問。追加費用を要求してきた。逆に清々しいな。今度は200シャード渡した。これで最新の鎧のプロトタイプが手に入るらしい。数時間後には最新情報を持ってくると言う。

4度目。…10,000シャード必要だと言い出した。うん、わかった。その投資先の奴らの元へ連れていけ。俺がそう言うと、殺されてしまう!と乞食は焦りだしたが、乞食の身の安全は保障すると約束し、そいつらの元へ案内させることにした。

ドームシティの人気が無い地帯に到着するとガラが悪い3人組がいた。乞食はこいつらのいいようにされていたわけだ。そんなこったろうと思ってたよ。乞食は3人組に対し俺に脅されていると説明する。てめぇ…。3人組は俺を殺る気満々のようだ。所詮は小悪党、俺の敵ではなかった。3人組を始末後、逃げた乞食の元へ。俺が今までに渡した金を返すよう迫ってみたが、既に手元にないらしく乞食の全財産55シャードを受け取った。なんかものすごく無駄な時間を過ごしてしまったようだ。

密輸

ドームシティ内に住むペイジという名の女バーサーカーと出会った。レイとはお互い古い知り合いのようだ。彼女は元々武器の取引で稼ぐためにドームシティを訪れたようだが、管理を強めたクレリックに取引を止められ物資も取り上げられてしまったらしい。取引の再開を望んでいるらしいが、物資の仕入れ先であったタバーとの輸送路はクレリックによって断たれてしまっている状態であるため、新たな物資の仕入れ先を探さねばならない。ペイジドームシティの外に滞在している分離派のラドックなら武器を提供してくれるだろうと提案。俺は彼女を手伝うことにした。

外で野営中のラドックを発見。ペイジの使いで来たことを告げるも突然クレリックのグループが襲ってきた。貸しを作っておくためにもラドックの助太刀に入る。戦闘終了後ラドックと会話。アルブ脱退後、一人で活動しているらしい。何故クレリックが襲ってきたのかはよくわからなかった。ラドックからペイジ宛に爆発物が入った箱を貰った。後で配送の準備も進めておくと言う。

その後ペイジに物資を手渡す。これでペイジの武器取引が秘密裏に再開されるだろう。ちなみにドームシティの責任者アロイスにこのことを密告することもできたが黙っておくことにした。

陥落

ある日ドームシティを離れていた俺は、しばらくぶりにドームシティを訪れようとしていた。ドームシティに近づくにつれ、いつもと様子が違うことに気づいた。…んん?よく見るとドーム状のシールドが消えていて黒煙が立ち上っている。そして門番のグレガーがいつも立っている入り口にアルブがいるのが遠目から確認できるではないか。一抹の不安がよぎる。…おいおい、まさか!そのまさかだった。俺が離れている間にドームシティはアルブの手によって制圧されてしまったのだ。一体なぜ?生存者はいないのか?正門に近づくとグレガーと思わしき遺体と数人のアルブ兵が。一般兵よりもはるかに強いコマンダーの姿も確認できる。悔しいがこいつらの相手をできるほど今の俺は強くはない。正面突破をあきらめ、ジェットパックを使い目立たないところからドームシティの中に潜入することにした。

ドームシティの中は大量のアルブ兵に占拠されていて、至る所に住人の亡骸が転がっていた。当然見知った顔ばかりだ。ヴィドが切り盛りしてた酒場からは火の手が上がっている。アルブの監視の目を掻い潜りクレリックの根城に到達。ドームシティの管理者アロイスの亡骸がそこにはあった。生存者も一人も見つからない。どうやらドームシティは完全にアルブの手に落ちたと見ていいだろう。

その後ドームシティから北にある、以前無人の小屋だった場所を訪れるとライリーペイジダレルがいるではないか。皆俺がドームシティで助けてやった奴らだ。この3人だけはドームシティから脱出できたようで、ここに避難してきたというわけだ。この3人からドームシティ陥落の真相を聞けた。

クレリックによる厳しすぎる統治に不満を抱いていたアウトローグループはペイジが密輸した武器を使って反乱を画策。クレリックを倒しドームシティを制圧したのも束の間、ライリーが改造したシールドレギュレーターの不具合が原因となりドームシティのシールドが消失。その隙をついてアルブが侵攻してきたのだ。しかもアルブを手引きしたのはドームシティに住んでいた分離派の仕業だと言う。ここの分離派はやはりスパイだったのか。街は大混乱となりこの3人だけはなんとか生き延びることができたようだ。

俺が下した様々な決断がこの結果に繋がっているように思えてならない。後悔はしてないがまさかの結果となってしまった。アルブの侵攻は着実に本格化しているようだ。

第13話へ続く

関連記事

  1. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第9話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  2. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第8話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  3. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第13話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  4. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第2話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレが含まれま…

  5. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第11話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  6. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第5話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

 

 

 

人気の記事

アーカイブ

Twitter でフォロー

  1. GOG.comの使い方

    「The Witcher 1 & 2」SteamキーをGOG.comで…
  2. 特攻GOG

    【特攻GOG】Secret Agent (1992) パート1
  3. セール情報

    【ウィークリーセール】The Long Dark、Slime Rancherなど…
  4. ニュース

    レトロスタイルFPS「Project Warlock」GOG時限独占タイトルに
  5. セール情報

    「Alan Wake」再販 & セール開始。ライセンス切れしていた楽曲…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。