OW膝栗毛

【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第10話

オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!
ネタバレがございます。ご理解ある方のみお進みください。

前回までのあらすじ
アウトローの拠点フォートで出世を図るジャックスはついにウィリアムの依頼を終わらす。

ELEX 第10話

ビッグバンアタック

4人の区画管理者の問題を片づけ、ウィリアムの依頼を終わらせた俺はフォートの主、”侯爵“へのあいさつがまだだったことに気づく。フォートのすべてを見渡せる巨大な廃墟を改造した根城に”侯爵“は鎮座している。侯爵の実の名はローガン、何よりも利益を追求する男で、他の勢力を出し抜くことを考えている男だ。そんなローガンは俺に仕事を与えた。それはコンラッドという者をフォートのロケット格納庫跡で見つけ、彼が行っている”仕事”を早く終わらすようにさせることだった。ロケット格納庫はハイテクマシンが稼働する研究施設と化していて、その奥にコンラッドはいた。彼はクレリックだが、アウトローに捕まりここで働かされているようだ。コンラッドローガンの命令により、この施設で通称ビッグバンと呼ばれる爆弾を作っていた。町ひとつを吹き飛ばすほどの威力を持つ爆弾だと言う。しかし部品がいくつか足りないようで、それらを見つけないと完成させられない。つまりコンラッドの仕事を終わらすという俺の使命はその部品探しというわけだ。探す物は”逆相インダクタ”、”エドワード製コンデンサ”、”同心電機子コイル”の3点。

その後マガラン中の危険地帯を探し周り部品を発見。それらをコンラッドに渡すと完成するまでしばらく待っていてほしいと言われたのでローガンにとりあえず報告。しかししばらく寝た後、研究施設に行くも誰もいない。ビッグバンも無くなっているではないか。コンラッドが運び出したのか?フォートの北に位置するドーム型の施設跡地でコンラッドビッグバンを発見。俺は物陰から様子を観察。アウトロー数人が護衛についていたが、コンラッドが手元の端末を操作したところ、突如ビッグバンが護衛を攻撃し始めた。
アウトローの護衛達を始末したビッグバン。すると突然俺が隠れていた場所にバリアが張られビッグバンと一緒に閉じ込められてしまった。ビッグバンはこちらに対して攻撃を仕掛けてくる。なんとかしてこいつを破壊しここから脱出せねば。飛翔、レーザー、迫撃砲、火炎放射、と多彩な攻撃法を持つビッグバンはかなりの強敵だったが辛くも勝利することができた。コンラッドの姿は消えていたが、あいつが裏切ったのは間違いないようだ。ビッグバンを自分の思いのままに操れる対アウトロー用兵器として密かに改造していたに違いない。

俺はフォートに戻りローガンにこの事を報告。怒り心頭で、俺にコンラッドの抹殺指令を出してきた。どこに潜んでいるかわからぬが、これからの旅で奴を見つけ次第始末しなければならなくなった。

害虫駆除

フォートの一角でナスティというやたらツンツンした態度をとる女性アウトローと出会う。この女は”侯爵”ローガンの妹で、ローガンと共にフォートの前体制を破った実力者だ。ナスティといきなり外出することになった。俺を見極めるためだと言う。
連れてこられた場所では虫型クリーチャーの群れがいた。ここで近づく人間を貪るこの害虫どもを駆除しろとのことだ。ナスティと俺、そして数人のアウトロー達で一斉に駆除開始。難なく終える。

その後ナスティにまたもや強制連行される。次の外出先にはとんでもない化け物が待ち構えていた。その名はエル・コロッサオ。何人ものアウトローがこいつに屠られている模様。見た目からしてヤバすぎる…。俺に勝てるだろうか…。予想通りまったく歯が立たない。周辺には凶暴な犬型クリーチャーが群れているため接近戦も難しく、かといって距離を離すと岩石を放り投げてくる。悔しいが、今の俺にはこいつに勝てない。後で再トライだ。

隊商の命運

フォート娯楽地区の娼館内にあるバーの主人ハンクと会話。アベッサに送った隊商が消えてしまったらしく捜索を頼まれた。もし物資の箱を見つけたら持ち帰ってきてほしい、しかし”証言”は持ち帰るな、と言う。どういうことだ。砂漠地帯タバーを横断する大きな道路上で隊商の物だったと思われる残骸を発見。数人の死体が転がっていて、その中にはアルブもいた。そこにポツンと1人だけ突っ立ている若者の姿が。この若者の名はキッドフォートへの帰り道アルブに襲われ、隊商は彼以外全滅。キッドはすぐに隠れ、事なきを得たようだ。アベッサへの供給ルートは危険だということをフォートに伝えなくてはいけない、と意気込むキッドだが、ハンクはたしか”証言”は持ち帰るなと言っていた。その理由は不明だが、隊商がこうなっていることを予測していたのだろう。フォートへ帰ろうとするキッドにその事を伝えたが、それでも帰ると言う。仕方がないので、残りの物資をかき集め帰り道に同行。キッドハンクの元へ。

ハンクアベッサへの供給ルートは危険だということを皆に知らせるべきだ、と訴えるキッド。だがハンクはキッドを黙らせたい様子。供給に問題があることが知れ渡れば、侯爵の求心力が失われ反乱が起きる可能性があるためだと言う。キッドは皆の安全のために知らせるべきだ、と一歩も引く様子が無い。
耐えかねたハンクはハンマーをキッドに振りかざした。一撃をもらい倒れるキッド。そしてもう二度と立ち上がることはなかった。ハンクの奴やりやがった…!
たしかにフォートを混乱させるよりはこっちの方がよかったのかもしれないが、いくらなんでも…。俺がキッドフォートへ帰らないよう誘導してれば死なせずに済んだのかもしれない。

第11話へ続く

『ELEX』GOG.comストアページ

 

関連記事

  1. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第2話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレが含まれま…

  2. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第11話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  3. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第8話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  4. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第3話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  5. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第9話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

  6. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第5話

    オープンワールドで暮らすロールプレイング活劇開演!ネタバレがございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

 

 

 

最近のコメント

人気の記事

アーカイブ

Twitter でフォロー

  1. ニュース

    Pathfinder: Kingmaker、GOG.comでQ&A実施…
  2. OW膝栗毛

    【オープンワールド膝栗毛】ELEX 第10話
  3. 雑記

    【W杯便乗企画】GOG.comで遊べるサッカーゲーム
  4. セール情報

    GOG.com 「Back to School」セール開催。フラッシュでさらにお…
  5. 攻略情報

    「The Bard’s Tale Ⅳ: Barrows Deep」パズルウェポン…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。